マカフィー株式会社

http://www.mcafee.com/jp



ホワイトペーパー検索
  
     

37件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 >> 最後


レポート

標的型攻撃対策──常に変化する攻撃から企業を守る「脅威情報の活用法」

「全ての情報源から脅威情報を収集して活用している」企業が12%に満たない現状、標的型攻撃の特定・追跡・防御は非常に難しい作業だ。脅威検出の精度を向上させるには、「脅威情報の収集、選択、管理の自動化」が効果的だ。(2017/07/03)

製品資料

バックドア型トロイの木馬をどう防ぐ? 「感染の連鎖」の仕組みと対策を解説

攻撃者は、検知されることを避けるため、マルウェアの姿や配布方法を巧妙に変えてくる。この手口に対してセキュリティベンダーは、具体的にどのような対策を打ち出しているのか。4つの対策技術による具体的な攻撃阻止の方法を解説する。(2017/06/30)

製品資料

多層防御を徹底解説:次世代マルウェアに備えるための次なる対策とは?

サイバー攻撃にはさまざまな手法があり、攻撃者は常にその手口を複雑に進化させている。このように高度化を続ける脅威から、企業はどのように情報資産を守ればよいのだろうか。(2017/06/30)

製品資料

パブリッククラウドはどこが狙われる? セキュリティ調査で見えた危険な状況

クラウドの活用は、企業に多くのメリットをもたらす一方、IT部門からは把握しづらくなり、セキュリティ上のリスクも懸念される。グローバル調査の結果を基に、現状の課題と推奨される対応について解説する。(2017/06/30)

レポート

セキュリティ調査レポート:「シャドーIT」がクラウド導入に与える影響は?

企業がさまざまなクラウドサービスを利用するようになった結果、セキュリティ対策の負担も増加している。中でも深刻な問題となり始めた「シャドーIT」対策を中心に、今後のクラウドセキュリティについて調査データを基に解説する。(2017/06/30)

レポート

ユーザー調査で判明した、インシデントレスポンスの課題と今後の対策

猛威を振るうサイバー攻撃は、全ての企業に起こり得る。企業は限られたリソースやツールで情報資産をどのように守るべきか。調査を基に、インシデントレスポンスの課題を捉え、今後の改善に向けた施策を解説する。(2015/03/20)

技術文書

「SIEM」で守る標的型攻撃対策──ログやイベントを漏らさず管理することの重要性

企業のセキュリティ対策において、「想定外を想定する」ことは不可能だ。想定される事象を超えるようなことが発生した場合にどのような体制で、どのようなプロセスに従うかを定義しておく必要がある。その解決策として注目されている「SIEM」の効果を解説する。(2015/03/20)

レポート

次世代ファイアウォール導入の経済効果は年間150万ドル――導入企業調査

「セキュリティは回収の可能性がないコスト」という認識は改めた方がいい。IDCが次世代ファイアウォール導入企業に行った調査結果では、平均で年間150万ドルの経済効果がみられたという。具体的な数字を見ていこう。(2015/03/10)

製品資料

シグネチャベースの検査で高度なマルウェアが阻止できない理由

「ウイルス対策にはパターンファイル」という時代は緩やかに終わりを迎えた。攻撃者は「マルウェア対策の対策」を施し、シグネチャベースの検知をすり抜けるよう細工を施す。私たちは新たな防御手法、「シグネチャレス多層防御」を考えるべきだ。(2015/03/03)

技術文書

サンドボックス活用で一歩先を行くマルウェア対策

標的型攻撃対策として、サンドボックス技術活用が熱い視線を浴びている。だが、そもそも、どのようなマルウェア検知、分析技術があるかを押さえておかないと効果的な対策は望めない。(2015/03/03)

37件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 >> 最後