ホワイトペーパー検索
  
     

46件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後


事例

故障やエラーも事前に予測、OpenStackの信頼性を高めるフレームワークとは?

競争の厳しい通信業界において、サービス中断からの迅速な回復は極めて重要だ。Tata Communicationsは、ハードウェア故障、メモリおよびCPUエラーなどの予測も可能とする次世代型データセンターへと移行することで、この課題を解消した。(2017/09/26)

製品資料

2020年に760億ドルのアナリティクス市場で成功するカギは「最新CPU」の活用

ビッグデータのビジネス活用が拡大するのに伴い、多様化するアナリティクスはデータセンターに高いパフォーマンスと俊敏性、柔軟性を求めている。ここでは、ワークロードに合わせて柔軟にシステムを構成できる「最新CPU」を解説する。(2017/09/21)

製品資料

「機械学習」で膨大な情報を迅速に活用、ビジネスを進化させる分析手法とは

社内のデータベースに蓄積された情報だけでなく、クラウド上のデータやIoT機器などから送信されるデータなど、膨大な情報を迅速に分析・活用できる環境が求められ始めた。その環境を構築するための鍵となる技術が「機械学習」だ。(2017/09/21)

レポート

「ヒトの思考のシミュレート」を可能にするビッグデータ分析の概要と条件

今の経営判断にビッグデータの活用は必須だ。しかし、ビッグデータの活用に関心があっても、具体的な解析方法や必要な人材、インフラの知識を持つ人は限られている。ビッグデータの活用で知っておきたい一歩踏み込んだポイントを解説する。(2017/09/19)

事例

OpenStackで構築するソフトウェア定義インフラ、俊敏性を高めるポイントは?

BMW Groupはビジネス速度向上のため、OpenStackなどを利用してソフトウェアデファインドインフラストラクチャ(SDI)を構築し、プライベートクラウドを拡張した。BMW Groupの事例を踏まえOpenStack導入の要点や利点を詳しく紹介する。(2017/09/08)

技術文書

クラウドの3つの実装モデルはどう選ぶ? 最適なワークロード配置の見極め方

クラウドの実装モデルには、パブリック、プライベート、ハイブリッドの3種類があるが、その導入に際して、最適なワークロードの配置を検討する必要がある。ビジネスニーズや技術要件などに適した実装モデルを選択する方法を解説する。(2017/09/08)

製品資料

ネットワーク仮想化の評価計測、「仮想ファイアウォール」の役割

インテルが世界の通信事業者やプロバイダー各社と連携して取り組む「ネットワークサービスベンチマーク(NSB)構想」。その中で重要な役割を担う「仮想ファイアウォール(vFW)」の定義と機能を解説する。(2017/06/09)

製品資料

ネットワーク仮想化の評価計測、「仮想プロバイダーエッジルーター」の役割

インテルが世界の通信事業者やプロバイダー各社と連携して取り組む「ネットワークサービスベンチマーク(NSB)構想」。その中で重要な役割を担う「仮想プロバイダーエッジルーター(vPE)」の定義と機能を解説する。(2017/06/09)

製品資料

通信事業のためのネットワーク仮想化、セキュリティとパフォーマンスを両立せよ

通信サービスプロバイダーの間で注目が集まるネットワーク機能仮想化(NFV)。NFVの根幹となるテクノロジーや機能を解説するとともに、NFV環境のセキュリティとパフォーマンスを両立する方法を詳述する。(2017/06/09)

製品資料

激しい競争が続く通信業界、ネットワーク仮想化によるコスト削減効果は?

VoLTE、VoWi-Fi、ユニファイドコミュニケーションなどのリッチメディアサービスに対応する、「仮想化IPマルチメディアサブシステム(vIMS)」とはどのようなものか? ネットワーク仮想化(NFV)に基づく技術概要とコスト削減効果を見ていこう。(2017/06/09)

46件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後