トレンドマイクロ株式会社

http://www.trendmicro.co.jp



ホワイトペーパー検索
  
     

62件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後


事例

2016年の被害事例で見えたサイバー攻撃の傾向、Webサイトへの4つの攻撃パターン

Webサイトを狙われた情報漏えい事例は、2016年に公表されただけでも40件以上に上る。Webサイトを守るには、こうした過去の事例からサイバー攻撃の傾向をつかみ、効果的なサーバ対策を検討することが重要である。(2017/09/25)

製品資料

サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策

OSのメーカーサポート終了により、新しいOSへの移行が求められる中、技術的、財政的な観点からそれがままならない企業も多い。サポート終了を迎えたOSを利用している企業が選ぶべきセキュリティ対策とはどのようなものだろうか。(2017/09/19)

製品資料

AWS環境からの情報漏えいを防止、ユーザー側で行うべき公開サーバの脆弱性対策

IaaS市場で多くのシェアを占めるAmazon Web Services(AWS)は、豊富な知識がなくても、気軽にサーバを構築できる。しかし、セキュリティについては、「責任共有モデル」を正しく理解し、適切な対策を実行する必要がある。(2017/09/19)

レポート

WannaCryの陰で深刻化していた「公開サーバの脆弱性」、攻撃手法と対策を解説

暗号化型ランサムウェア「WannaCry」。騒動の裏で、実は「公開サーバ」への攻撃が深刻化していた。Webサーバの脆弱性を狙う攻撃の手口と対策方法とは? WAFが万能薬ではないという事実を受け止め、多層防御の視点で対策に取り組もう。(2017/09/07)

技術文書

「ランサムウェア」基礎解説:サイバー犯罪者の手口から有効な対策を探る

サイバー攻撃に効果的に対策するには、まずサイバー犯罪者の手口を把握することが重要だ。特に被害が拡大している「ランサムウェア」について、攻撃段階に着目し取るべき有効な対策と、万一侵入された場合の一手を紹介する。(2017/06/16)

技術文書

「WannaCry」模倣犯も、ランサムウェアを防ぐには?

脆弱性を狙い侵入、ワーム活動で感染拡大を狙う「WannaCry」のような新型も登場し、深刻化するランサムウェア。どんな対策が必要なのだろうか。本資料では、ランサムウェアの脅威にも有効なセキュリティ技術とチェックポイントを解説する。(2017/06/16)

レポート

約4割が「深刻なセキュリティインシデント」経験――調査が示す対策の隙

標的型サイバー攻撃など深刻化する脅威に組織はどう対処しているのか。セキュリティ対策状況や被害実態を明らかにするため調査が行われた。そこからは被害の厳しい状況とともに対策の隙、多くの組織に参考になる対策ポイントも見えてきた。(2017/05/01)

レポート

2016年「三大サイバー攻撃」 攻撃と被害傾向に学ぶ2017年のセキュリティ対策

2016年に国内で猛威を振るった数々のサイバー攻撃。なかでも注意すべきは「標的型サイバー攻撃」「ランサムウェア」「公開サーバへの攻撃」の3つだ。さまざまな調査データや被害事例を基に2017年のセキュリティ対策を探る。(2017/03/08)

技術文書

実践ガイド:「VMware NSX」「Deep Security」環境のマルウェア感染に対処する

マルウェアなどによる攻撃への対策として導入が進む仮想デスクトップ。この環境では、万が一のマルウェア感染にも対処できるというメリットがある。そこで、この方式として普及する「VMware NSX」「Deep Security」環境下における実践的な対処法を紹介する。(2016/08/24)

技術文書

VDI環境の標的型攻撃対策――内部セキュリティの弱点を克服する2つの技術とは?

高度なサイバー攻撃への対策として、侵入後の被害を最小限に抑えるアプローチも必要となった。しかし、内部の通信を管理できないVDI環境では、内部対策に問題が残る。そこで、マイクロセグメンテーションや自動隔離などの手法を組み合わせた対策が注目されている。(2016/08/01)

62件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後