SAPジャパン株式会社

http://www.sap.com/japan



ホワイトペーパー検索
  
     

99件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後


製品資料

大企業と同等の機能を実現、中堅・中小企業が選びたいクラウドERPは?

ERPは企業の経営効率化に非常に有用だが、従来はコストや運用負荷の高さから、大企業向けのシステムと考えられてきた。しかし、現在では、中堅・中小企業もクラウドERPで全ての業務を一元管理できるという。(2017/07/21)

事例

ERPをわずか3カ月で導入して少人数で運用、外資系アパレル企業が成功した秘訣は?

わずか3カ月というスピードで、ERPを活用した基幹システムを構築した企業がある。米国発のワークカジュアルブランド「ディッキーズ」の日本法人だ。少人数での運用体制を早期に確立した秘訣とその効果を探った。(2017/07/21)

事例

高利益体質のビジネス持続に欠かせないERP、中堅企業の成功事例

合成樹脂製品などの製造を手掛ける萩原工業は、中堅企業では珍しく13年も前からERPを採用している。狙いは損益管理の精度向上、納期回答の迅速化、在庫管理の強化だ。同社はERPをどのように活用し、高利益体質へと転換したのだろうか。(2017/07/21)

事例

日本に特化した機能とサポート──中小規模メーカーでもSAP ERPが使えた理由

業務システムの刷新でSAP ERPを導入するケースは多い。しかし、これまでは大規模企業が中心だった。しかし、グローバル規模で展開する中小規模企業でもSAP ERPを導入する利点は十分にある。その理由を成功事例でチェックしてみよう。(2017/07/18)

事例

ERPのプロも実践、クラウドERPで業務の属人化を解消して事業を拡大

大企業向きというイメージだったERPだが、現在ではSaaSで提供されるクラウドERPが登場し、導入に対する間口は広がっている。ここでは、ERPソリューションの導入コンサルティングを行っているCEGBの導入事例から、その活用法を学ぼう。(2017/07/18)

事例

現場に支持される旧システムを刷新、ERP導入を成功させた4つの秘訣とは?

20年以上利用したシステムをERP製品で刷新した河北ライティングソリューションズ。同社はどのようにして、複雑な業務プロセスへ柔軟に対応しつつ、迅速な意思決定を支える「経営と現場の情報共有」を実現したのだろうか。(2017/07/18)

製品資料

中堅・中小企業の3大課題、リソース・お金・戦略の不足を解消する最短ルートは

中堅・中小企業にとって、「リソース不足」「お金不足」「戦略不足」は常に頭の痛い問題だ。企業の成長を促し続けるには、これらの問題の解決が求められる。そこで知っておきたいのが、“3つの不足”を解消するための最短ルートだ。(2017/07/12)

製品資料

中堅企業に求められるERPとは? さらなる成長を引き出すための条件

中小規模から中堅規模への移行が一段落した企業とって、次なる成長の段階を実現するには課題が伴う。それまでの成長を支えてきたERPソリューションは、さらなる成長の原動力として十分な能力を備えているだろうか。(2017/07/12)

製品資料

シンプル、柔軟性、拡張性の側面から成長企業の基盤確立を支援するクラウドERP

クラウドERPは、中堅企業の成長の実現に役立つ本質的な特長を備えている。しかし、全てのクラウドERPが同じ結果を生み出すわけではない。成長企業にとって求められるクラウドERPの条件とはどのようなものだろうか。(2017/07/12)

レポート

軽量・低コストで管理者不要のデータベース管理システム、その秘密は?

企業がDB管理システムを導入したくても、高いパフォーマンスや厳しいコストの制約、導入後の運用など課題はつきものだ。それらの課題を解決するにはどうすればいいのだろうか。(2015/11/24)

99件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後