標的型攻撃


ホワイトペーパー検索
  
     

103件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後


Webキャスト

日本アイ・ビー・エム株式会社

WannaCryはIPSで十分に防げた? 2014年時点で危険度は“85%”と判定

WannaCryをはじめとするランサムウェアや標的型攻撃など脆弱(ぜいじゃく)性を狙うセキュリティリスクが急速に高まっている。その事前対策としてIPS(侵入防止システム)製品がどれだけの効果を発揮するのかを解説する。(2017/07/13)

レポート

マカフィー株式会社

標的型攻撃対策──常に変化する攻撃から企業を守る「脅威情報の活用法」

「全ての情報源から脅威情報を収集して活用している」企業が12%に満たない現状、標的型攻撃の特定・追跡・防御は非常に難しい作業だ。脅威検出の精度を向上させるには、「脅威情報の収集、選択、管理の自動化」が効果的だ。(2017/07/03)

製品資料

パロアルトネットワークス株式会社

金融業界に見るセキュリティ対策、今すぐ取り組むべき緊急課題とは?

サイバー犯罪者の主要な標的として狙われる金融機関。高度な攻撃や未知の脅威に対応し続けるには、安全性に加えて、脅威を一元管理し、運用の効率化も実現しなければならない。そのためには、どんなセキュリティ体制を構築すべきだろうか。(2017/06/15)

製品資料

株式会社シマンテック

電子メール経由の攻撃手法を解説──なぜサンドボックスをすり抜けるのか

ファイル添付、スピアフィッシング攻撃、サンドボックス識別など、電子メールによる攻撃は高度化が進むとともに、標的型が増加している。その手口と防御策を徹底解説する。(2017/06/07)

製品資料

株式会社シマンテック

新種マルウェアは年間4億3000万件発見、「疑わしいイベント」の調査方法

標的型攻撃にはさまざまな手法があるが、その多くがエンドポイントを狙うものだ。2015年の時点でも新種のマルウェアは4億3000万件発見され、企業が脆弱性の発見から修復までに要する日数は平均120日かかるという。対策方法はあるか?(2017/06/07)

事例

株式会社シマンテック

住友重機械工業が海外工場のウイルス感染を未然に防げたわけ

既存のセキュリティ手法では完全に防ぐことができず、ユーザーが気付かぬまま潜伏・拡散して被害が広がる標的型攻撃。これに対し、複合的な手法で検知・判定を行う高度なツールを専門知識なしに運用している住友重機械工業の事例を紹介する。(2017/06/07)

Webキャスト

株式会社シマンテック

「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか?

エンドポイントセキュリティを再考しようという機運が高まる中、具体的にどう見直せばよいのか悩む企業は少なくないだろう。どのような視点で取り組むべきなのか。対策の理想型とは。専門家が具体像を示す。(2017/06/07)

製品資料

株式会社シマンテック

エンドポイントセキュリティを徹底解説、多層防御に採用すべき技術は?

年間で数億にも及ぶマルウェアの亜種が発見される状況が続くなか、次世代のエンドポイントセキュリティ技術も次々と登場している。これらの技術を用いた多層防御を構築する上で、どのような点に注目すべきだろうか。(2017/05/11)

レポート

ファーストサーバ株式会社

急増する「脅威メール/標的型・ランサムウェア」あらゆる企業に必要な対策は?

国内でも被害が急増するマルウェア。あらゆる企業が対策を求められているが、サイバー攻撃に対して、活動範囲の全てを守るのは困難だ。効果的に防御するためには、侵入経路として最も狙われやすいポイントに絞った対策が有効だ。(2017/04/21)

製品資料

株式会社クオリティア

低コストでマルウェア感染を防ぐ――目視を組み合わせた標的型メール攻撃対策

今や専門家でも判別が難しいほどに高度化した標的型メール攻撃。コスト面から対策製品の導入をためらう企業も存在するが、不審なメールやファイルの多くは、高度な知識も多額のIT投資コストも必要とせずに排除することができる。(2017/03/30)

103件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後