ストレージ仮想化/SDS


ホワイトペーパー検索
  
     

27件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 >> 最後


Webキャスト

日本ヒューレット・パッカード株式会社

「SDS」はどう使える? 構築・運用管理の実態を分かりやすく解説

オンプレミス運用で、クラウド並の「仮想化環境構築の早さ」と「運用管理の容易さ」を実現する技術として注目される「Software-Defined Storage(SDS)」と「ハイパーコンバージドシステム」。その利点について分かりやすく解説していきたい。(2017/01/17)

製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

次世代データ分析のストレージ基盤はSDSが本命? 非構造化データ急増で再注目

IoTやスマートデバイスの活用が進む中、これまでにないタイプの非構造化データが急増している。コグニティブコンピューティングをはじめ、次世代のデータ分析ではこの非構造化データが重要となることから、その運用に適したストレージ基盤としてSDSが注目されている。(2016/10/17)

製品資料

株式会社エス・ワイ・シー

SDSを“新たな足かせ”にしない汎用プラットフォーム向けストレージ刷新術

DR(災害復旧)対策の強化、ハードウェアコストの最適化などを目的として、ストレージ環境の刷新に取り組む企業が増えている。これらの企業が今注目しているのが拡張性や柔軟性に優れたストレージ環境を実現するSDS(Software Defined Storage)だ。(2016/09/30)

製品資料

レッドハット株式会社

脅威検知を迅速化、セキュリティ分析のための「コールドストレージ」構築法

さまざまなシステムから収集したマシンデータをリアルタイム分析して、脅威を迅速かつ的確に検出する手法が取られるようになった。この手法では、データの保持期間が長いほど脅威検出の精度が向上するが、増大し続けるデータへの対策はどのように行うべきだろうか。(2016/08/31)

製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

バックアップの諸悪の根源を絶つ“2階層”ストレージ管理術

企業が管理するデータが急増するなか、従来のバックアップ/リストア運用がもたらす手間とコストが企業にとって大きな負担となり始めている。そこで、この課題を根本から解消する方法として、2階層/6コンポーネントのバックアップ方式が注目されている。(2016/08/17)

技術文書

アイティメディア株式会社

別冊Computer Weekly ストレージ導入の成否を決める注意点

導入したストレージが期待通りのパフォーマンスを発揮しない。その原因は、その目的や用途によって異なる注意点を考慮していないことにある。ストレージ導入前に読んでおくべき3つの記事を集めた。(2016/06/15)

製品資料

株式会社トライテック

サーバの次はストレージも仮想化、ソフトウェア実装による仮想SANの実力

クラウドを十分に活用する上で重要となるストレージ仮想化。実現するソリューションは数多くあるが、導入コストや運用面で断念する企業も多い。そこで、既存資産を生かしながらソフトウェアで仮想化する、仮想SANストレージを紹介する。(2016/05/13)

製品資料

EMCジャパン株式会社

SDSで汎用ハードウェアのストレージ性能を拡張――スケールアウトSAN活用事例

従来型ストレージの限界が見え始めたことから、SDSの導入が進んでいる。その中でも注目されるのが、ハードウェアの拡張に比例して高いパフォーマンスを発揮するソフトウェア定義型のスケールアウトSANだ。(2016/05/11)

製品資料

ヴイエムウェア株式会社

従来のストレージと仮想化のミスマッチを避ける「ストレージ構築のポイント」

多額の設備投資やアップグレード費用、運用の複雑さという従来のストレージが抱える問題は、企業のIT部門が解決すべき課題の1つだ。この解決にストレージをソフトウェアで制御するSoftware-Defined Storageを採用する企業が増えてきている。(2016/03/24)

事例

ヴイエムウェア株式会社

170人が1分以内にサインオン――オレゴン州立大学がSDSを選んだ理由

ビジネス環境の激しい変化に対応するため、柔軟なITシステムの構築が求められている。システムのストレージ構成をソフトウェアで定義するSoftware-Defined Storageであれば、要求に対して柔軟なサービス提供が可能である。その導入事例を追う。(2016/03/24)

27件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 >> 最後