シーティーシー・エスピー株式会社

http://www.ctc-g.co.jp/~ctcsp/



ホワイトペーパー検索
  
     

10件中 1-10件目

<< 最初 1 >> 最後


レポート

「次世代エンドポイントセキュリティ」に再び脚光 導入を検討すべき理由とは

「次世代エンドポイントセキュリティ」に再び注目が集まっている。シグネチャマッチングの欠点を補う分析技術を搭載した次世代エンドポイントセキュリティは、従来のウイルス対策ソフトと比較して、何がどれだけ進化したのだろうか。(2017/10/12)

レポート

いまさら聞けない「統合脅威管理(UTM)」の基礎知識

1台で幅広い脅威を防御する統合脅威管理(UTM)の導入は、セキュリティ担当者がいない(少ない)企業にとっては有効な選択肢だ。本稿で「UTMは何ができるのか?」をしっかり理解し、検討の助けにして欲しい。(2017/10/12)

製品資料

初期費用だけの削減では足りない! メールサーバのTCOを考える

これまでメールサーバにおけるコスト削減は、主に初期費用の削減だった。だが、処理量や複雑さからメールの管理が企業にとって大きな負担になりつつある現在、購入した後のTCOが注目を集めている。(2014/10/20)

製品資料

オンプレミスの安定性と信頼性にコスト削減が加わったメールサーバの実力検証

企業にとってメールの管理は不可欠だが、扱う量や機能の増加に伴い、管理コスト増大は悩みの種だ。本資料では、クラウドを利用できない企業でもコスト削減可能なメールサーバアプライアンスを紹介する。(2014/10/20)

講演資料

災害時の確実な事業継続のためのレプリケーション&フェイルオーバーソフト

もし、天災や人災でシステム障害が発生したら……。Double-Takeならば、今まで数時間あるいは数日かかっていたシステム復旧を数分に短縮。24時間リアルタイムでシステムを丸ごと遠隔地の待機サーバに複製するので、通常のバックアップ業務からも解放される。(2013/03/27)

事例

導入企業が語る仮想環境構築の実際、低価格なPaaSはこうして開発された

資産運用会社の有価証券管理業務で広く使われているXNETサービスをクラウド技術でPaaSに移行した事例を紹介する。活用したのは低価格でクラウド環境を構築できるソフトウェア。月額5万円のPaaS提供を実現した技術とは。(2011/03/31)

事例

早稲田大学のネットワークをP2Pトラフィック急増から救った製品とは?

ISPはもちろんのこと、近年では企業のネットワークにおいてもQoS制御が重要視されるようになってきた。そこで威力を発揮するのが、DPI(Deep Packet Inspection)技術を活用した最先端のネットワーク制御製品だ。(2011/03/31)

製品資料

仮想化環境のデータ保護 事業継続ソリューションで来るべきクラウド時代に備える

コスト削減の切り札「サーバ仮想化」にも課題がある!それが、仮想化環境導入‘前’に発生するデータ移行だ。また仮想化環境導入‘後’には1ホスト上で複数の業務が稼働するため、効率の良いバックアップが必要だ。(2009/10/20)

事例

三井ホームがメールサーバ、アーカイブをアプライアンスで刷新!

メールサーバへの負荷増大や膨れ上がるメールアーカイブに悩む大手住宅メーカー。これらを一挙に解決すべく、同社はメール環境の前面刷新を決断した。(2009/02/09)

講演資料

「Compliance Vault」メールアーカイブソリューションセミナー開催資料

CTCSPおよびMirapointジャパン主催によるセミナー資料。メールアーカイブが必要とされている社会的背景から、市場の動向と共に本製品の位置付け、機能概要が分かりやすい内容で説明されている。(2007/02/23)

10件中 1-10件目

<< 最初 1 >> 最後