アドビ システムズ 株式会社

http://www.adobe.com/jp



ホワイトペーパー検索
  
     

50件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後


製品資料

「電子サイン」と業務アプリケーション連携が「顧客開拓」に威力を発揮する理由

業務アプリケーションとの連携で業務のさらなる効率向上が見込めることから、「電子サイン」に注目する企業が増えている。この資料では、紙ベースでは時間やコストがかかる契約書の署名を、迅速で簡単かつ安全にできる連携術を紹介する。(2017/09/14)

製品資料

簡単安全な文書管理を実現、「異種ソリューション連携技」で効率向上を極める

社内でも外出先でも自宅でも、他のメンバーと簡単かつ安全に文書を共有できれば、それだけ業務の効率は向上する。この資料では、複数のアプリケーションを連携させ、効率的に文書を管理する方法を紹介する。(2017/09/14)

レポート

ジャーナリスト・堀潤が語る「創造的破壊」――書類を変えれば働き方も変わる

創造的破壊がもたらすのは、企業の淘汰(とうた)なのだろうか。ジャーナリストの堀潤氏は、逆に企業の協業にイノベーションの可能性があるという。ただ、その実現には、目に見えないヒエラルキーやしがらみを破壊する必要がある。(2017/08/31)

製品資料

歴史ある銀行を変えた「電子サイン」、ジャーナリスト・堀潤が見た変革の糸口

「デジタル変革」はベンチャー企業やハイテク企業だけのものではない。英国では創業290年の大手老舗銀行が、書類業務のデジタル化によりローン審査の所要時間を大幅に短縮した。このデジタル化は小規模なNPOなどにも変革の糸口となりそうだ。(2017/08/31)

製品資料

「電子サイン」と「電子署名」はどう違う? 業務で異なる文書変革のアプローチ

文書による承認の電子化は、契約業務などの効率化やコスト削減、顧客満足度の向上につながる。しかし、「電子サイン」と「電子署名」の違いを理解して、それぞれの特性を知った上でビジネスプロセスに採用する必要があるという。(2017/08/31)

製品資料

企業のデジタル変革への第一歩――「電子サイン」ポリシー策定を徹底解説

電子サイン導入時に課題となりやすい基本ポリシーの策定。最も重要なのが、企業に合った証明プロセスを見つけることだ。リスクに応じた方法が見つかれば、ポリシーで規定すべき事項も見えてくる。その効率的な策定手法を解説する。(2017/08/31)

製品資料

紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩

多くの企業では、紙に依存したプロセスがいまだ残っている。それが足かせとなって文書管理の甘さを指摘される日本企業には、書類のデジタル化が求められている。この状況を変えるには、何から取り組むべきだろうか?(2017/08/31)

レポート

企業の約80%が紙ベースで運用する社外ドキュメント、デジタル化がもたらす効果

社外ドキュメントは、デジタル化の波から取り残されている領域だ。紙ベースの運用では、契約・承認の時間や保管コスト紛失のリスクなど、さまざまな面で企業は足を引っ張られることになる。その改善には、デジタル化に取り組むしかない。(2017/08/31)

製品資料

煩雑な契約業務を効率化、法務ですぐ役立つPDF活用テクニック

法務部門で煩雑になりがちな契約書類の取り扱い。その改善にはデジタル化が不可欠だ。契約書の原本のやりとりや、書類の保管や共有するための墨消しなどを効率化するテクニックを紹介する。(2017/08/07)

製品資料

営業活動ですぐ役立つ、アドビ社員が教える「Acrobat DC」の便利機能

資料の共有に欠かせないPDFデータだが、実はあまり活用されていない機能も存在する。見積書などの文書を確実に顧客にチェックしてもらうなど、特に営業活動において効果を発揮する「Acrobat DC」の便利な機能を紹介する。(2017/08/07)

50件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後