情報漏えい対策


ホワイトペーパー検索
  
     

440件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後


レポート

フォーティネットジャパン株式会社

予測レポート:2017年のサイバーセキュリティが直面する6つの事態

セキュリティインシデントの被害が広範に及ぶようになった現在、その対応を怠ることはデジタルエコノミーの中断を引き起こしかねない。2017年のサイバー脅威についての6つの予想から、今日のビジネス要件に適応したセキュリティ対策の手掛かりを探る。(2017/02/15)

レポート

フォーティネットジャパン株式会社

徹底解説:技術の移行が進むランサムウェアの動向と対策

ランサムウェアの活動状況にも変化が見られるようになった。近年の動向から、新しいランサムウェアテクノロジーへの移行が進んでいる状況を明らかにし、今必要なランサムウェア対策の構築法について、ポイントを絞って解説する。(2017/02/15)

レポート

日本アイ・ビー・エム株式会社

BYOD導入を決めた企業が心掛けるべき「10のオキテ」とは?

企業にとってBYOD(私物デバイスの業務利用)普及の波はもはや避けては通れない。BYOD利用において、安全と生産性の両立を要求されるIT管理者が、導入前に読んでおくべき「BYOD 10のオキテ」とは?(2017/02/13)

レポート

日本アイ・ビー・エム株式会社

4分の3以上がモバイルアプリのセキュリティ確保で立ち往生、それはナゼか?

ある調査会社が、モバイルアプリケーションのリスクに関する調査を行った。その結果、多くの企業が十分なセキュリティ確保に苦労しており、なぜそうなるのかについての分析と、危険性に対処するための推奨事項が解説されている。(2017/02/10)

製品資料

NECソリューションイノベータ株式会社

「研究を停滞させずに守る」 大学・研究機関に適した情報保護対策は?

多数の情報資産を抱える大学・研究機関は、標的型攻撃のターゲットとなりやすい。しかし、研究を停滞させたくないという理由で、情報保護対策が進んでいないケースも散見される。研究を邪魔することなく情報を保護する対策はないのだろうか?(2017/02/08)

事例

NECソリューションイノベータ株式会社

機密文書の漏えい・改ざん対策、“現場の不満を招かず”に管理強化する方法

機密性の高い情報を扱う組織では、データの流出や紛失、改ざんを防ぐ体制やルールが必要となる。しかし、現場では個人任せの文書管理がなされがちで、重要情報が安全ではない状況に置かれている。そこで求められるのが、実際に現場で利用される文書管理の仕組みだ。(2017/02/08)

事例

NECソリューションイノベータ株式会社

大学・研究機関の機密情報保護、研究効率を落とさず「画像・資料の複製」を禁止

大学・研究機関が頭を悩ませる情報保護対策。研究の効率を下げることなく、研究情報を守ることは、多くの組織に共通する課題だろう。その実現の鍵となるのが、ユーザーごとのアクセス・操作を制御する研究情報保護ツールだ。(2017/02/08)

製品資料

ヴイエムウェア株式会社

平均損失額は379万ドル、データ侵害を防げないデータセンターの特徴とは?

情報セキュリティの脅威が拡大する中、データセンターの新たなセキュリティモデルが求められるようになった。そこで、Advanced Persistent Threat(APT)攻撃や組織的な攻撃などにも対抗できる仮想ネットワーク環境が注目され始めている。(2017/01/23)

製品資料

ヴイエムウェア株式会社

データセンター全体に浸透する防御網「マイクロセグメンテーション技術」とは?

サイバー攻撃が高度化する中で、ネットワークの境界を守るだけの従来型セキュリティ対策の限界が見え始めている。そこで、物理ファイアウォールを突破されても、侵入された部分だけを隔離できるマイクロセグメンテーション技術が注目されている。(2017/01/23)

製品資料

ヴイエムウェア株式会社

データセンターの次世代セキュリティ――ネットワーク仮想化で解決できる3つの課題

データセンターの仮想化により、運用効率改善やコスト削減などの効果が得られる。しかし、それだけでは不十分なため、ネットワークまで仮想化することでセキュリティを高めるアプローチが脚光を浴びている。(2017/01/23)

440件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後