情報漏えい対策


ホワイトペーパー検索
  
     

448件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後


製品資料

NTTテクノクロス株式会社

WebサイトやWebアプリを安全かつ快適に保つ――欠かせない「3つの機能」とは

サイバー攻撃からWebサイト・Webアプリを守るためにもセキュリティ対策により安全性を高めることは不可欠である。ここにWebトラフィックの最適化を加えることで、企業のWebを通じたサービスにさらなる信頼をもたらすことができる。(2017/05/26)

レポート

KDDI株式会社

中堅・中小企業のためのセキュリティ対策――らくらく管理の方法とは?

官公庁や大企業だけでなく、中堅・中小企業を狙ったサイバー攻撃が急増している。専任担当者を置けない中堅・中小企業が無理なくセキュリティ対策を講じるための手段を考える。(2017/04/20)

事例

日本マイクロソフト株式会社

「Office 365」をモバイル端末でフル活用――カギは低コストのセキュリティ強化

多彩な機能を備えたクラウドサービス「Office 365」は、モバイル端末との組み合わせで業務を大幅に効率化する。しかし、そのメリットを最大化するためにはセキュリティ対策がネックとなる。そんな課題を低コストで解消した事例を紹介する。(2017/04/10)

製品資料

ホワイトポイント株式会社

安全なはずのOffice 365やG Suiteで情報漏えいはなぜ起こる? 解決策を伝授

多くの企業で導入が進むOffice 365とG Suite。これらのサービスは非常に安全なはずだが、実際には情報漏えいや機密情報の紛失事故が発生することがある。安全なはずのサービスで、なぜ事故は起こるのか? 理由と解決策を探る。(2017/04/07)

レポート

アイティメディア株式会社

匿名通信ツール「Tor」はほぼ確実に“身元バレ”する?

その匿名性から闇取引などの犯罪に利用されることもある「Tor」。実はそのユーザーの身元が特定できる可能性があることが明らかになったという。どういうことなのか。(2017/04/06)

レポート

日本アイ・ビー・エム株式会社

4分の3以上がモバイルアプリのセキュリティ確保で立ち往生、それはナゼか?

ある調査会社が、モバイルアプリケーションのリスクに関する調査を行った。その結果、多くの企業が十分なセキュリティ確保に苦労しており、なぜそうなるのかについての分析と、危険性に対処するための推奨事項が解説されている。(2017/04/05)

レポート

日本アイ・ビー・エム株式会社

BYOD導入を決めた企業が心掛けるべき「10のオキテ」とは?

企業にとってBYOD(私物デバイスの業務利用)普及の波はもはや避けては通れない。BYOD利用において、安全と生産性の両立を要求されるIT管理者が、導入前に読んでおくべき「BYOD 10のオキテ」とは?(2017/04/05)

製品資料

クロス・ヘッド株式会社

クラウドストレージからの情報漏えいも防止、CASB搭載ネットワークDLPの実力は

企業のクラウド利用が拡大する中、データ保護にも変化が求められている。そこで注目されているのが、ネットワークを通過するデータやWebメール、エンドポイントを介さないデータの情報漏えい対策機能も備えたネットワークDLPだ。(2017/03/31)

製品資料

クロス・ヘッド株式会社

専門スキル不要で重要データを保護――「出口対策」運用の負荷を軽減するには?

巧妙な手段で重要データの窃取を狙うサイバー攻撃に対し、セキュリティ製品の機能も進化し続けている。一方で、多機能なセキュリティ製品は、利用者に高度なスキルも求められる。この課題を解消し、運用を効率化する方法はないのだろうか。(2017/03/31)

製品資料

クロス・ヘッド株式会社

標的型攻撃は「出口対策」で防ぐ、端末のデータ可視化が迅速な対応を可能に

高度化する標的型攻撃を防ぐために、マルウェアの侵入を前提としてデータの流出を許さない「出口対策」が注目されている。端末のデータを可視化し、マルウェアの侵入原因や被害状況を明らかにすることで侵入後の迅速な対応を可能する。(2017/03/31)

448件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後