情報漏えい対策


ホワイトペーパー検索
  
     

457件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後


レポート

株式会社 Jiransoft Japan

日本企業も対象になり得るGDPR(制裁金最大26億円)にどう対処するのか?

EU域外の企業も適用対象のGDPRが2018年春に施行する。それまでに新規則に準拠したデータ保護体制を整え、GDPRの適用範囲や自社の個人情報保護体制を正しく把握し、効率的に管理できるシステム構築が課題となっている。(2017/09/19)

製品資料

株式会社インターコム

情報漏えい対策から残業管理まで、統合型クライアント端末監視ツールの実力は?

外部からの不正アクセスは企業にとって大きな脅威だが、内部の従業員の行動によって情報が流出してしまうケースの方が実は多い。原因は故意とは限らず、操作ミスの場合もあることから、情報漏えい対策とIT資産管理は必須だ。(2017/08/23)

製品資料

株式会社インターコム

情報漏えい対策とIT資産管理を統合、Windows/Mac混在環境に適した監視ツール

従業員の私的なWebアクセスなどによる情報漏えい事故を起こさないためには、情報漏えい対策に加え、IT資産管理が重要となる。そこで、WindowsとMacの混在環境でも高い効果を発揮する対策を紹介する。(2017/08/23)

技術文書

パロアルトネットワークス株式会社

その機械学習は本物? エンドポイントセキュリティを評価する3つのポイント

高度化する脅威に、既存のツールや人による分析では対応が追い付かない。注目されているのが機械学習の活用だが、機械学習が本当に効果を発揮するかを判断するには「3つの評価ポイント」で慎重に検討する必要がある。(2017/08/07)

レポート

株式会社シマンテック

この一冊でセキュリティ最新動向が分かる  セキュリティ脅威レポート2017年版

『インターネットセキュリティ脅威レポート』最新版を公開。IoTデバイスへの攻撃、ランサムウェアなど企業を脅かすインシデントの最新動向から、米国大統領選挙におけるサイバー攻撃の実情などセキュリティ情報を網羅的に解説する。(2017/08/02)

Webキャスト

ベリタステクノロジーズ合同会社

EU「一般データ保護規則」にどう対応する? 日本企業も知っておきたい重要事項

EUの「一般データ保護規則」(GDPR)で2018年5月に施行される。その対応は不可欠だが作業負荷はとても高く、企業側の対応は遅れている。そこで、GDPRで問題となりやすいポイントとその解決策を解説する。(2017/08/02)

製品資料

株式会社ファーストプレイス

IT事業者が損害賠償請求された場合、保険加入でどこまで補償されるのか?

IT業界における技術者の不足やサイバー攻撃の激化などにより、IT業務において、顧客から損害賠償を請求されるリスクが高まっている。そこで、このようなリスクを「移転」するアプローチとして、サイバーリスク保険への関心が高まっている。(2017/06/27)

製品資料

株式会社ファーストプレイス

費用対効果で見るサイバー攻撃対策、リスクゼロを目指すよりも確実な選択肢は?

高度化するサイバー攻撃には、徹底した対策が重要だが、そのリスクをゼロにするのは困難だ。特に悩ましいのが「可能性は低いものの、発生時の損害が大きいリスク」だ。そこで、費用対効果の面から注目される新たな対策を紹介する。(2017/06/27)

製品資料

ホワイトポイント株式会社

廃棄・譲渡したPCからの情報漏えいが多発、データを完全消去する際の注意点は?

廃棄したPCや返却したリース機器などから、重要な企業情報が漏えいするケースは少なくない。その対策として、データ消去ソフトを導入する企業が増えているが、ソフトによってライセンス管理や費用に大きな差があることを知っておきたい。(2017/06/13)

製品資料

NTTテクノクロス株式会社

WebサイトやWebアプリを安全かつ快適に保つ――欠かせない「3つの機能」とは

サイバー攻撃からWebサイト・Webアプリを守るためにもセキュリティ対策により安全性を高めることは不可欠である。ここにWebトラフィックの最適化を加えることで、企業のWebを通じたサービスにさらなる信頼をもたらすことができる。(2017/05/26)

457件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後