BI/BA/OLAP


ホワイトペーパー検索
  
     

29件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 >> 最後


事例

株式会社ジャストシステム

集計が担当者任せなら「データ活用」ではない、データ管理一元化の次に必要なもの

「データ活用」をただの集計やレポーティング作業と同義に考えてはいないだろうか。日々、定型レポートを作成していると、どうしても手段が目的化しがちだ。今までに構築したデータ管理からリアルタイム分析への移行に成功した事例が参考になるだろう。(2017/07/04)

事例

株式会社ジャストシステム

1日がかりだった損益計算が1時間で終了、多数の店舗間でも集計や共有を大幅短縮

多数の店舗を展開し、激しい競争を行っている業界では、各拠点の損益計算書を日次、週次、月次という形で明らかにし、リアルタイムに戦略を進める必要がある。データの集計や加工、数字の検証などに多くの時間がかかったり制限が生まれる状況は許されない。(2017/07/04)

技術文書

株式会社ジャストシステム

1回の操作勉強会だけでデータ活用が活発化、コープ自然派に学ぶBIツール導入

コープ自然派事業連合は、商品企画や商談に必要なデータ分析にExcelを活用していたが、データの収集と可視化に多くの時間がかかっていた。そこで、商品部だけで自由にデータ分析を行えるBIツールを導入した。その結果、得られた効果とは?(2017/07/04)

事例

株式会社ジャストシステム

社員の約8割がBIを活用、鳥居薬品が“脱Excel”できない現場を劇的に変えた方法

BIツールを導入しても現場ではExcelが使われ続けている場合、どのような点が問題になっているのだろうか。BIツールの刷新により、社員の約8割がBIツールを使い始めたという鳥居薬品の事例から、課題解決のヒントを探る。(2017/07/04)

事例

株式会社ジャストシステム

BI導入で情シスに分析依頼が殺到……とは無縁の楽々分析ツール

クレーンの「TAIYO」で知名度のある大洋製器工業。業務に不可欠なデータ分析のためさまざまなBIツールを活用していた。しかし操作が難しく情シスのみの使用にとどまっていた。そこで全社員が活用できるBIツールの導入の検討を開始したのだが……。(2017/07/04)

事例

クリックテック・ジャパン株式会社

現場の勘と経験と10億件のビッグデータ分析で急成長、スシローを支えるBIツール

他店に比べてレーンに流すすしの量が圧倒的に多いことで知られる回転ずしチェーン店「スシロー」。廃棄が1%減るだけで億単位のコストが変わるという同店にとって生命線ともいえるのが、数分後の需要予測を実現するビッグデータの高速分析基盤だ。(2016/12/20)

レポート

クリックテック・ジャパン株式会社

ITRレポートが明らかにする「セルフサービスBI」データ分析のこれまでとこれから

従来型のBIツールよりも操作性とデータの視覚化を重視した「セルフサービスBI」と呼ばれる製品が注目されている。データ分析の専門家やIT部門に頼らず、ユーザー部門が直接データ分析を行える新たなツールのメリットを調査レポートで明らかにする。(2016/09/30)

レポート

クリックテック・ジャパン株式会社

思い付くままに自由な質問でデータ分析、「連想モデル」でBIが変わる

膨大なデータを使った業務分析では、「データの中に隠れたストーリーの全貌をつかむ」ことが重要だ。データガバナンス強化のためにも、ユーザーの自由な質問に対応した分析が求められている。(2016/09/30)

Webキャスト

日本アイ・ビー・エム株式会社

Watsonとマーケティングの融合で生まれるリアルタイムの戦略支援

競合が及ばないような成果を生むマーケティング戦略には、ユニークな視点が欠かせない。そうした視点を得る手法として、自然言語処理と機械学習を活用したコグニティブシステム「IBM Watson」が注目されている。人気の講演内容から、その活用の実態に迫る。(2016/09/14)

製品資料

株式会社レジェンド・アプリケーションズ

誰でも使いこなせるBIツールの選び方――人事・経営分析の最短コースは?

BIツールを導入したものの「使いこなせなかった」というケースは少なくない。そのためBIは難しいと思われがちだが、5つのポイントを押さえた製品選びをすることで、分析業務が初めてのスタッフでも使いこなせるセルフサービスBIを実現できる。(2016/09/07)

29件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 >> 最後