データマイニング/統計解析


ホワイトペーパー検索
  
     

26件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 >> 最後


製品資料

SAS Institute Japan株式会社

進化する「データ活用プロセス」、自動化・最適化を組織全体で実践する方法

ビジネスにおけるデータ活用は、さらなる成果を求められている。変化の激しい環境の中では、意思決定の基準そのものを変えなければならない。常に進化していく前提の「データ活用プロセス」が、その突破口になるだろう。(2017/03/10)

技術文書

SAS Institute Japan株式会社

データ分析の基礎知識――全ては分析用データ管理から始まる

データサイエンティストは、分析モデル開発の作業時間の50〜80%をデータ準備に費やすという。優れた分析モデル構築には、信頼性の高いデータを特有のデータ構造で準備する必要があるからだ。多くの分析経験から得た、効果的なデータ管理のポイントを解説する。(2016/11/30)

技術文書

アイティメディア株式会社

グラフデータベース製品導入戦略ガイド

グラフデータベースは、パナマの法律事務所Mossack Fonsecaから2.6TBの情報が流出したことが発覚したことで有名になった。本稿では異なるデータセット間の関係性を表現する技術について紹介し、それがデータ分析にどんな革新をもたらすかを解説する。(2016/10/26)

技術文書

アイティメディア株式会社

Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる(Kindle版)

特集は、導入事例が増えてきたWatson。その導入方法と問題点を紹介する。他に、Lync改めSkype for Businessの現状、フラッシュメモリを時代後れにする新メモリ技術の解説、売り上げが減少したOracleやJavaScriptの課題解決のトレンドを紹介する。(2016/08/03)

技術文書

アイティメディア株式会社

Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる(EPUB版)

特集は、導入事例が増えてきたWatson。その導入方法と問題点を紹介する。他に、Lync改めSkype for Businessの現状、フラッシュメモリを時代後れにする新メモリ技術の解説、売り上げが減少したOracleやJavaScriptの課題解決のトレンドを紹介する。(2016/08/03)

技術文書

アイティメディア株式会社

Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる

特集は、導入事例が増えてきたWatson。その導入方法と問題点を紹介する。他に、Lync改めSkype for Businessの現状、フラッシュメモリを時代後れにする新メモリ技術の解説、売り上げが減少したOracleやJavaScriptの課題解決のトレンドを紹介する。(2016/08/03)

事例

インテル株式会社

遺伝子情報の分析でがんのメカニズムを解明──国内最高性能のスパコンの実力とは

東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センターでは、スパコンを使って患者から取得した膨大な遺伝情報をシミュレーション分析し、がんのメカニズムを徹底解明する取り組みを進めている。未来のパーソナルゲノム医療の実践へとつながるテクノロジーに迫る。(2014/11/14)

技術文書

レッドハット株式会社

ビジネスルール管理が生み出す3つの価値

企業システムは市場の変化への迅速な対応とビジネスポリシーや法規制への準拠を行いつつ、昨今ではビッグデータの活用も迫られている。現在の開発手法を継承しながら、こうしたニーズに対応しなければならないIT担当者の一助となるのが本項で紹介するBRMSだ(2014/08/01)

レポート

アイティメディア株式会社

マーケティングのデータ活用に関するアンケート調査レポート

ITmedia マーケティング会員とTechTargetジャパン会員を対象にした「マーケティングのデータ活用」に関する読者調査を実施。本リポートでは、データ分析ツールの活用状況やデータサイエンティストの活動実態などをまとめている。(2013/10/17)

製品資料

日本ヒューレット・パッカード株式会社

どうする? ソーシャルメディア分析──何から手を付けるべきかを見極めるために

個々の情報収集アプリケーションなどのポイントソリューションだけでは終わらない、真のソーシャルメディア分析とはどのようなものか。ソーシャルメディア分析の考え方とビジョン設定、適切なソリューション選定へと導くワークショップを紹介する。(2013/08/06)

26件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 >> 最後