日商エレクトロニクス株式会社

http://www.nissho-ele.co.jp/



ホワイトペーパー検索
  
     

35件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 >> 最後


製品資料

VDI導入の成否を分けるアセスメント――ざっくりとしたサイジングが悲劇を招く

VDI導入を成功させるためには、VDIサイジングの適正値を知る必要がある。しかし、多くの企業がざっくりとした概算構成と金額で話を進めた結果、導入後に数々の悲劇に見舞われている。そこで、アセスメントサービスを利用してトラブルを未然に防ぐ方法を紹介する。(2017/04/21)

事例

NTT西日本の大規模DaaS、レスポンス悪化の原因を10分で特定するVDI監視技術とは

NTT西日本グループが保有する大規模DaaS(Desktops as a Service)基盤の構築と運用を担うNTTネオメイト。同社はどうやって、VDIのレスポンスを改善し、国内有数の規模のDaaS基盤を安定運用しているのだろうか。(2017/04/21)

事例

仮想アプリのボトルネックを可視化、ドクターネットに学ぶレスポンス改善術

ドクターネットが運用する医療機関向けの画像診断支援サービスは、高セキュリティを確保するためアプリケーション仮想化を利用している。しかし、利用者の急増とともにレスポンス低下が課題に。その解決の鍵となったのが可視化ツールだった。(2017/04/21)

事例

「VDI導入でサービス残業が増加……」、労働環境の悪化を防ぐ管理・運用術

ワークスタイル変革に向けて仮想デスクトップインフラを導入したら、サービス残業が増え、かえって労働環境が悪化したというケースは多い。そんな問題を防ぐためには、VDI環境に負荷を掛けずに現状把握する仕組みが必要だ。(2017/04/21)

事例

IIJの次世代IaaSを支えるストレージ基盤、高負荷時にもI/O性能保証できる理由

インターネットイニシアティブ(IIJ)が提供する次世代型IaaS「IIJ GIOインフラストラクチャーP2」。同社は、ストレージサービスの「I/O性能保証」を実現するために、どのようなストレージ基盤を構築したのだろうか。(2017/02/27)

レポート

「DBチューニング」vs.「FLASH導入」、はやいのはどっち?

加速するビジネス環境に応じて、多量のリクエストをスピーディに処理することがビジネスの成否に関わるようになってきている。「DBチューニング」と「FLASH導入」はデータベースの処理速度を向上させる改善策として注目されている。そこで、そのコストと効果を比較検証する。(2017/02/17)

レポート

オールフラッシュストレージの基礎知識――知らないと損をする「4つの効果」

高速処理性能を持つストレージとして注目される「オールフラッシュストレージ」。高速処理性能ばかりがクローズアップされるが、その導入による効果は多岐にわたる。実際に導入した企業の事例とともに、その効果を詳しく解説する。(2017/02/14)

レポート

DBのボトルネックをピンポイントで解消――診断サービスを活用したDB最適化

時とともにデータベースのパフォーマンスは悪化していくが、ボトルネックを特定することは容易ではない。そこで活用したいのが、専門家による「データベース診断」だ。この診断で、どのような情報が得られるのかを紹介する。(2017/02/14)

事例

ダイハツ工業が挑んだストレージ刷新――目指すは小型車のような省エネ・高性能

自動車メーカーのダイハツ工業は、ITインフラ整備でも、スモールカーのように「シンプル」「スリム」「コンパクト」であることを追求している。そんな同社が、仮想化環境の刷新方法として着目したのがオールフラッシュストレージだ。(2017/02/14)

レポート

オールフラッシュ化はどう進めるべきか? HDDからの移行戦略を徹底解説

さまざまな企業で導入が進むオールフラッシュストレージ。安定性や低レイテンシ、省スペースなど、多様なメリットを持つオールフラッシュ製品を選ぶ際に注目すべきポイントとは何か、最新のストレージ情勢とともに解説する。(2017/02/14)

35件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 >> 最後