株式会社トランスウエア

http://www.transware.co.jp/



ホワイトペーパー検索
  
     

22件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 >> 最後


製品資料

オンラインストレージ&ファイル転送のビジネス利用、7つの必須ポイント

外部と大容量のファイルを共有するニーズは高まっているが、無料のオンラインストレージやファイル転送サービスを利用しているケースが多い。だが、ビジネス利用にはセキュリティなどの対策が必要だ。(2015/01/09)

製品資料

Office 365導入済み・検討中の企業必見! Office 365のメールセキュリティ、6つの落とし穴に注意

Office 365標準の機能でセキュリティ対策は万全と安心するのは早計だ。オンプレミスメールからOffice 365移行時に気をつけたいセキュリティの課題と対策を6つのポイントから解説する。(2014/01/27)

製品資料

Google Apps、Office 365メールのセキュアなアーカイブをクラウドで実現

クラウド型のメールサービスに移行する企業が増えているが、セキュリティ対策は万全だろうか。メールアーカイブサービスで内部統制やコンプライアンス対策を強化した運用を提案する。(2014/01/27)

その他

Google Appsの導入を検討中・導入済の企業様必見! 失敗しないGoogle Appsのメールセキュリティ対策Q&A

多くの企業で注目を集めているGoogle Apps。導入や活用に関しては、まだ懸念点もあるのではないだろうか。特にメールのセキュリティ対策はどのようにすればよいのか。Google Apps導入時のメールセキュリティ対策のポイントと解決法を分かりやすくまとめた資料を紹介する。(2013/01/31)

事例

1週間で導入完了! Google Apps環境でも使えるメール誤送信対策&アーカイブ事例

Google Apps環境におけるメール誤送信対策。この課題を解決した企業の事例を紹介する。人的操作ミスの防御をはじめとする誤送信対策機能、妥当な価格と短期導入を条件に選定し、決定からわずか1週間で誤送信対策および定期アーカイブ環境を構築した。(2012/08/01)

製品資料

標準メールシステムとして導入が進む ビジネスWebメールの時代がやってきた!

ビジネスに不可欠な通信手段となったメール。そのメールに今、大きな変化の波が押し寄せている。20年以上も使ってきた従来のメールシステムを捨て、Webメールシステムへと移行する企業が急増しているのだ。なぜ、Webメールが選ばれるようになったのか。その理由を探ってみる。(2011/11/30)

製品資料

誰にでも起こり得るメールの「うっかりミス」 。誤送信防止システムでしっかり防ごう!

企業システムから流出・漏えいした機密情報によって、会社が存亡の危機に晒される危険性は大いにあり得ることだ。特に注意が必要なのは、メールの誤送信である。「うっかりミス」というヒューマンエラーを確実に防止するには、ITの力を借りるのが一番だ。(2011/11/30)

製品資料

クラウド型サービスで「安く」「素早く」メール誤送信対策を実現する

メール誤送信対策の必要性は重々承知しつつも、やはりコストや手間、時間が気に掛かる。クラウドサービス「Active! gate SS」であれば、迅速かつ低コストでメール誤送信対策ソリューションを手に入れることができる。(2011/05/16)

製品資料

フリーのWebメールにはない、ビジネスWebメールの最新機能とは?

Webメールの企業導入は、クライアントメーラーで使用していた主要な機能を継承できるかどうかなど、注意すべきポイントが幾つかある。無償あるいは安価なサービスでは利用できない、ビジネスWebメールの最新機能を紹介する。(2011/02/21)

カタログ

【カタログ】Active! hunter

99%以上のスパム検知率と0.00001%以下の誤検知率を誇る「CLOUDMARK」と日本国内特有のダブルバイト環境のスパム情報を累積学習する「SVM」のツインエンジンがメールシステム環境を守るアンチスパムのご紹介。(2010/12/10)

22件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 >> 最後