日本アイ・ビー・エム株式会社

http://www.ibm.com/jp/



ホワイトペーパー検索
  
     

768件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後


製品資料

リソース不足のITベンダーの強い味方「保守業務を外部委託する」という選択

ITベンダーにとってのユーザーサポートは、顧客満足度を向上する大きな要因の1つである。そのIT製品の保守サービスをアウトソースできることをご存じだろうか? 限られたリソースの集中と選択により、事業成長を図る有力な選択肢となり得る。(2017/05/26)

製品資料

ベンダー機種不問、電話一本楽々解決、保守切れ製品保守延長可、それって一体?

企業で使用されるIT機器は、さまざまな形態やベンダーの製品が混在しているのが常だ。故障すればすぐに直したいところだが、問題を切り分け、サポート期間を確認し、窓口を探し出して、と非常に面倒で労力がかかりすぎていないだろうか。(2017/05/26)

製品資料

異なるベンダー製品が混在するインフラ保守やトラブル対応をまとめてカンタンに

企業のITインフラは、さまざまな機器や製品が組み合わさったマルチベンダー環境が一般的だ。しかしその運用は大きな負担でもある。保守窓口を一元化し、トラブル対応はもちろん、予防を通じて安定運用を支援するサービスを事例とともに見てみよう。(2017/05/26)

製品資料

基幹業務システムでFinTechを活用、OSSとメインフレームはなぜ相性が良いのか?

FinTechのように最新のWeb技術やAPIを活用したサービス開発が、金融機関の基幹業務システムでも行われ始めている。その実現に欠かせない信頼性、可用性、セキュリティを確保する方法として、Linux専用メインフレームが脚光を浴びている。(2017/05/22)

製品資料

オープンソース活用の常識を変えるエンタープライズ向けIT基盤が生み出す価値

急速に変化するビジネス環境に迅速に対応するため、「Node.js」「Docker」などのOSSの活用が進んでいる。しかし、データを活用して新たな価値を生み出すためには、これらのツールを動かすITインフラも重要となる。(2017/05/22)

製品資料

リアルタイム分析の第一歩、データ活用基盤の理想的な構築方法は?

迅速な経営判断には、データを統合的・横断的に分析する必要があるが現実には複数のシステムにデータが分散し、限定的な分析しかできない企業が多い。解決策である仮想的にデータを統合するIT基盤はどう構築すれば良いのだろうか。(2017/05/22)

製品資料

PCIeより2.5倍高速にGPU-CPU接続。NVLink搭載サーバの実力

AIの実践のための具体的な手法として注目されるディープラーニング。しかし、ビジネスで活用するには多段階にわたる膨大な処理を実行できる高度なノウハウと回答精度の向上が不可欠だ。活用を容易にする方法はないのだろうか。(2017/05/22)

製品資料

JAXA、電気通信大学が語る高速コンピューティングの課題と解決策、そして未来

コンピュータの処理能力の向上が鈍化している一方で、高度化を続ける処理性能への対応が求められている。GPUの性能を最大化する次世代技術を搭載するコンピュータを採用および評価したJAXA、電気通信大学は大幅な高速化に成功したという。(2017/05/22)

製品資料

「LINPACK」だけでは評価できないコグニティブ時代のHPCシステムの新常識

非構造化データ分析、コグニティブアプリケーションでは「LINPACKベンチマーク」の評価では不十分である。ゲノミクスワークフローや、計算流体力学、分子動力学などのHPCアプリケーションの各種ベンチマークから必要となるシステム要件を探る。(2017/05/18)

製品資料

先進企業がクラウドサーバとしてIBM z Systemsを活用する理由

メインフレームのイメージが強いIBM z Systemsを、クラウド戦略の要として数々の先進企業が活用している。クラウドサーバとしてのIBM z Systemsがワークロード処理やアプリケーション開発にどのように活用されているかを米Walmartなどの事例から紹介する。(2017/04/27)

768件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後