日本アイ・ビー・エム株式会社

http://www.ibm.com/jp/



ホワイトペーパー検索
  
     

793件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後


事例

複合機を使ったIoTサービス拡大も視野に、拠点間システム連携基盤の作り方

京セラドキュメントソリューションズでは、グローバルの各拠点で異なるシステム間の連携やシステム開発に伴うメンテナンス工数の増加などが事業成長の低速化にもつながっていた。その解決策としてESB(Enterprise Service Bus)製品の導入を決断した。(2017/07/20)

事例

アルパインが短期間にグローバルで業務プロセスを統一、品質管理業務を効率化

顧客が求める品質は年々高度化している。その要求に応えるには、業務プロセスのレベルアップが必要だ。自動車関連製品を製造・販売するアルパインが取り組んだ品質マネジメントプロセス統一と管理の事例から、業務効率化の秘訣を探る。(2017/07/20)

事例

API活用で医療統計データを提供、公開と運用を一元管理する仕組みとは?

日本医療データセンターは、独自開発の「健康年齢」を指標とした予測モデルをツール化し、APIによる公開を目指した。その際、同社が注目したのが、API運用に必要となる作成・実行・管理・保護を全てサポートできるAPI管理ツールだ。(2017/07/19)

事例

セブン銀行が構築、FinTechやAPI連携を見据えたシステム連携基盤とは?

セブン銀行はデビット付きキャッシュカードの提供に伴い、新しいシステム連携基盤を適用した。そこには新サービスの展開を迅速に行わなければならない課題があった。24時間365日、安定したサービスを提供できるシステムとは?(2017/07/19)

事例

約3万5000時間の事務時間を削減、太陽生命の保険申請・査定自動化プロジェクト

業務効率と顧客サービスの向上が期待できる「業務の自動化」。太陽生命保険は、保険の申請・査定業務を自動化したことで、年間で約3万5000時間もの事務時間を削減できる見込みだという。自動化を活用した同社の事例を紹介する。(2017/07/19)

技術文書

DWHとは異なる「ガバナンスを効かせたデータ基盤」とはどのようなものか?

急増するデータや現場でのデータ活用などの課題を抱えるデータ基盤。これらの課題を解決するためには、ガバナンスを効かせた「データレイク」が必要だ。その実現に向けたベストプラクティスを紹介する。(2017/07/18)

製品資料

10分で分かる「データレイクの作り方」 データマートと何が違う?

ビッグデータをはじめとする社内外のデータを分析し、マーケティング部門や営業部門、財務部門など現場の意思決定に活用したい。こうした企業のニーズに応えるデータ管理戦略として注目されているのが「データレイク」だ。(2017/07/18)

事例

ハイパーコンバージドインフラの難題、DBライセンスコストの削減法は?

ハイパーコンバージドインフラの運用において、Oracle DBなどのライセンスコストがCPUコアごとに掛かることで悩む企業は多い。そこで注目したいのが、化粧品OEMメーカーのトキワが、システムのコストダウンと性能向上を両立させた手法だ。(2017/07/18)

事例

ゲノム解析の最前線、東京大学 医科学研究所が構築した高速・大容量ストレージ

スパコンで行われるゲノム解析では、ストレージに対して極めて厳しい条件が課せられる。東京大学 医科学研究所の事例を基に、高速・大容量であるだけでなく、消費電力の課題も解消できるスパコン用ストレージシステムを紹介する。(2017/07/18)

製品資料

Watson活用成功のカギを握るストレージ技術とは?

コグニティブコンピューティングの成功のカギはストレージが握っている。従来はさまざまな禁則に縛られていたストレージだが、AI全盛の今、ストレージテクノロジーの革命ともいえる変化が始まり、AI躍進の新たな切り札になろうとしている。(2017/07/18)

793件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後