日本アイ・ビー・エム株式会社

http://www.ibm.com/jp/



ホワイトペーパー検索
  
     

739件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後


技術文書

ハイブリッドクラウドの利用を支える、次世代運用管理の3つの鍵

多くの企業で利用が進むハイブリッドクラウド。業務部門の急速な利用拡大に伴い、ガバナンスや運用管理が手に負えなくなっているケースが見受けられる。次世代ITインフラの運用管理のための新しいサービスモデルと、その実現の鍵となる3つの要素を紹介する。(2017/01/13)

技術文書

企業ITインフラの次の一手、プラットフォーム混在環境はこの先どうなるか

企業ITはハイブリッド環境が主流となりつつあり、混在する各種プラットフォームの統合的な管理・運用が大きな命題となっている。その実現には、異なるプラットフォームが相互に連携し合い、バリアフリーに運用・管理できるIT基盤が求められる。(2017/01/13)

製品資料

辛口の妖精がマンガで伝授する、終わりの見えない保守サイクルの脱出法

激変する市場に追い付くには業務のスピードアップが不可欠。IT部門にはそれが期待されているが、実際には日々の保守管理に追われている。そんな非合理的な運用の改善方法を、マンガで妖精さんが伝授してくれる。(2017/01/12)

製品資料

これまでの延長では追い付けない、巨大化するデータに対抗できるサーバの姿とは

これからは企業が扱うデータは爆発的に大容量化し、しかもますますの高速処理が必要となる。これまでの延長線上にあるサーバスペックでは確実に追い付けなくなる。新たなアーキテクチャはどうあるべきか、具体的に検討できる資料を提示する。(2017/01/11)

製品資料

「魔法の箱」? 基幹システム・リプレースの考え方が劇的に変わる

定期的なハードウェアリプレース、それに伴うシステムバージョンアップの負担を考えると「気が重くなる」担当者は多いだろう。手間もコストもかかるがやらねばならない、これを簡単に済ませてくれる「魔法の箱」はないものだろうか。(2017/01/11)

製品資料

複雑なIT環境で障害は避けられないのか? 影響を最小化する構成要素分析に迫る

非常に複雑な構成となりがちな企業のシステムインフラ。業務効率を目指して導入したはずのITが、管理負担で逆効果となる場面もある。こうした複雑さを分析し、障害による影響を最小化するサービスが存在する。(2016/12/19)

製品資料

ベンダー機種不問、電話一本楽々解決、保守切れ製品保守延長可、それって一体?

企業で使用されるIT機器は、さまざまな形態やベンダーの製品が混在しているのが常だ。故障すればすぐに直したいところだが、問題を切り分け、サポート期間を確認し、窓口を探し出して、と非常に面倒で労力がかかりすぎていないだろうか。(2016/12/19)

製品資料

4業種の利用例に見るマルチベンダー環境のソフトウェア保守一本化メリットとは

業務の拡大や変化に伴い、さまざまなベンダーのソフトウェアが使われ、いつの間にか運用が大きな負担になる。この課題に対し、マルチベンダー環境のソフトウェア保守窓口を一本化するサービスを、各種業界の利用例と合わせて紹介する。(2016/12/19)

製品資料

異なるベンダー製品が混在するインフラ保守やトラブル対応をまとめてカンタンに

企業のITインフラは、さまざまな機器や製品が組み合わさったマルチベンダー環境が一般的だ。しかしその運用は大きな負担でもある。保守窓口を一元化し、トラブル対応はもちろん、予防を通じて安定運用を支援するサービスを事例とともに見てみよう。(2016/12/19)

製品資料

IPSの選択と導入で押さえておきたい「7つのポイント」チェックシート

IPS(不正侵入防御システム)はインターネットと社内ネットワークの隙間から忍び寄るサイバー攻撃から企業を守る重要なセキュリティだ。しかし重要だからこそ、その機能や信頼性、運用方法などに不安もある。念頭に置いておくべき「7項目」はこれだ。(2016/12/14)

739件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後