日本アイ・ビー・エム株式会社

http://www.ibm.com/jp/



ホワイトペーパー検索
  
     

755件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後


Webキャスト

「Spark」を動画で徹底解説、高速ビッグデータ分析環境を簡単に構築する方法

近年、脚光を浴びているビッグデータ分析技術「Apache Spark」。Hadoopにあった速度面の課題をクリアしただけでなく、導入も容易になったことで、企業規模にかかわらずビッグデータ分析をビジネスに活用できるようになった。(2017/02/17)

事例

スバル「アイサイト」開発に不可欠な走行データを管理するストレージとは

富士重工業の自動車運転支援システム「アイサイト」の開発では、ひたすら走って実験し、走行画像を記録することが繰り返される。この開発にブレークスルーをもたらしたのは、IBMのストレージ・テクノロジーで実現した膨大な画像データの統合管理システムだった。(2017/02/15)

レポート

ニーズにあったデータレイクを柔軟に構築するストレージの組み合わせと選択肢

データ量が競争力を左右するようになり、多くの企業があらゆるデータを収集するようになった。このビッグデータの時代に、企業はどこまでのデータを蓄積し、ストレージにはどれだけの投資をすればよいのか。近年の潮流から最適解を探る。(2017/02/15)

Webキャスト

実は導入率がかなり低いIDS/IPS 運用負荷を理由に未導入で本当にいいのか

IDS/IPSは成熟した技術であり、セキュリティ対策の基礎となるものだが、実は導入率がかなり低い。WAFやサンドボックスといった注目のセキュリティ対策に目を奪われがちだが、カバー範囲も広く費用対効果も高いIDS/IPSについての「真実」を見ていこう。(2017/02/13)

レポート

こんな会社ならMDMが無くても大丈夫……さて、あなたの会社は?

今後、企業はモバイル端末の活用と管理の両面を強く意識する必要がある。活用しなければ業務のスピードや効率で他社に後れを取り、適切に管理できなければ情報セキュリティ上のリスクをもたらす。しかしそこにMDMはいらないかも?(2017/02/13)

事例

100台のiPhoneから社内システムへの安全な接続を実現――EMM導入の決め手は

外回りや客先常駐など、オフィスに常駐しない働き方では社内システムへのアクセスが課題となりがちだ。特に今はスマートフォンの活用要望が高く、紛失や盗難のリスクを避けながら安全なアクセスを実現した事例を紹介する。(2017/02/13)

レポート

BYOD導入を決めた企業が心掛けるべき「10のオキテ」とは?

企業にとってBYOD(私物デバイスの業務利用)普及の波はもはや避けては通れない。BYOD利用において、安全と生産性の両立を要求されるIT管理者が、導入前に読んでおくべき「BYOD 10のオキテ」とは?(2017/02/13)

製品資料

7つのチェックで安心・納得、IPS(不正侵入防御システム)導入

サイバー攻撃の脅威が増大し、手口も悪質化している。貴重な情報資産を守るには、既存のセキュリティ対策では力不足だ。有効な対策として知られる「IPS」だが、導入を検討する際には、通信遅延の懸念など確認しておくべきことは多い。それでは、気になる主要な7つの点について解説しよう。(2017/02/10)

比較資料

10社「IPS」を詳細比較、不正侵入の防御性能が高い製品は?

今、注目されるセキュリティ製品「IPS(不正侵入防御システム)」だが、その新機能の理解や評価はまだまだ広がっていない。多数の製品が各社から提供される中、どのような評価軸で比較すればいいのか、詳細な検証を行ったレポートを紹介する。(2017/02/10)

製品資料

狙われる前に先手を 情報漏えい防止に「動的診断ツール」の理由

Webアプリケーションの脆弱性は、狙われれば即座に深刻な事態を招く恐れがある。そのために周りの防御を固めるのも一策だが、それでも防げない攻撃はあり根本的な解決とは言えない。ここではアプリケーションの脆弱性診断、特に動的診断ツールを使うべき理由を示す。(2017/02/10)

755件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後