システム運用管理


ホワイトペーパー検索
  
     

3495件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後


製品資料

ヴイエムウェア株式会社

これで分かる「vSphere 6.5」への移行手順:必要な事前準備と環境別シナリオ

サーバ仮想化ソフトウェア「VMware vSphere」の新バージョン6.5 が2016年末に公開された。大幅な機能強化が行われており、メリットを取り込むためにも早期のアップグレードが望ましい。本資料では移行方法を解説する。(2017/10/18)

製品資料

日本電気株式会社

激務とミス多発の悪循環を解消、人手不足の情シスでも実行できる“働き方改革”

人手不足やスキル不足に悩む現場では、操作ミスが多発し、ダブルチェックによる作業負担が増加してしまうといった悪循環が避けられない。この環境を根本的に解決し、継続的に生産性を向上できる体制を作るには、どうすればいいのだろう。(2017/10/17)

製品資料

株式会社日立システムズ

無線LANのAPや通信状況を可視化、有線並みの安定性と安全性を実現する統合管理

基幹業務での利用が拡大する無線LANに対して、有線LANのような安全性や安定性が求められ始めている。複雑化したネットワーク環境で、規模を問わずこれらのニーズに応えつつ、管理・運用を最適化する方法はあるのだろうか。(2017/10/17)

製品資料

ヴイエムウェア株式会社

「vSphere 6.5」の新機能を徹底解説、次世代仮想化基盤の真の実力とは?

vSphereの最新バージョンでは、新機能に加え、各コンポーネントの機能強化、運用性向上などが図られている。全面ソフトウェア化へのスムーズな移行、コスト削減など、次世代インフラを見据えた新たな要素について確認する。(2017/10/16)

製品資料

ヴイエムウェア株式会社

ソフトウェアベースでインフラ刷新、次世代仮想化基盤の3つのメリットとは?

仮想化とクラウドにより、効率化とコスト削減は大きく進んだが、ストレージやネットワークは依然としてハードウェアに依存している。そこで、昨今ソフトウェアベースのアプローチでインフラの刷新を目指す動きが加速している。(2017/10/16)

製品資料

ヴイエムウェア株式会社

データセンター進化の最新アプローチ、仮想化技術をどう活用すべきか?

データセンターをハイパーコンバージドインフラで刷新する手法は、技術の進化に伴って変化し続けている。本資料では2種類の移行アプローチを紹介するとともに、鍵となる仮想化製品のポイントを解説する。(2017/10/16)

製品資料

ヴイエムウェア株式会社

ハイパーコンバージドインフラと自動化で実現する、次世代データセンターの形

ビジネス環境や技術の変化で、データセンターの複雑化は避けられない。その負担にあえぐだけでは競争力を失うばかりだ。AIやIoTのような変化にも柔軟に対応でき、運用負担を最小限にする次世代データセンターへと生まれ変わる必要がある。(2017/10/16)

製品資料

ヴイエムウェア株式会社

ITインフラの仮想化とITサービスの自動化でビジネスにインパクトを

自社のIT部門にパブリッククラウドと同様のパフォーマンスと機能を求める企業が増え始めている。このようなニーズに応え、市場や顧客が求める早さでイノベーションを実現するためには、ITインフラの仮想化と自動化をさらに進める必要がある。(2017/10/16)

技術文書

F5ネットワークスジャパン合同会社

アプリケーションのクラウド移行で「守るべきルール」と「破るべきルール」

エンタープライズアプリケーションのクラウド移行には、固定費の抑制や柔軟なシステム運用などのメリットがある。しかし、移行を成功させるためには、「守るべき5つのルール」と「破るべきルール」がある。(2017/10/16)

レポート

ServiceNow Japan 株式会社

従業員の業務量は限界寸前? ITサービスの自動化に向けて取るべき5つの行動

日々手元に積み上がる定型的な事務作業。生産性が高いとはいえないこの業務に要する時間がもったいないと考える管理職は多い。そこで切り札となるのが自動化だ。人材不足で雇用もままならない今こそ、業務の自動化導入は必須といえる。(2017/10/16)

3495件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後