チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社

http://www.checkpoint.co.jp



ホワイトペーパー検索
  
     

11件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後


製品資料

大規模システムの防御力が最適コストで、今こそ中小システムに備えるべきUTM

サイバー攻撃のターゲットが、堅牢な大規模システムから防御の薄い中小システムに変化しつつある。堅い守りを突き崩すための激しい攻撃が、こちらに向いたら被害は甚大だ。中小企業にも大企業同等の守りを得るため、このタイミングで注目の製品がある。(2016/05/09)

技術文書

安全なBYODを確保せよ! 従来のセキュリティ対策が抱える4つの限界と対処法

BYOD導入でスマホやタブレットの業務利用を推進している企業が増加中だ。こうした動きは新たなセキュリティ上の課題を生み出しているが、従来のアプローチや発想では解決できない問題も多い。ここでは知っておくべき新たな防衛策を解説する。(2015/01/29)

技術文書

次世代セキュリティ、カギは“リアルタイム&事前対応”

日進月歩で進化する脅威と変化する情報システムの要件に迅速に対応し、対策を実行することが求められている。本項ではリアルタイムかつ事前対応が可能な新しいセキュリティ・アーキテクチャについて解説する。(2014/04/01)

講演資料

先進攻撃を検知するための「標的型攻撃対策3つのポイント」

標的型攻撃をはじめとする今日の洗練されたサイバー攻撃を防ぐにはどうすればいいか。セキュリティ対策製品に求められる3つのポイントとともに、「未知の攻撃」をネットワークの境界でブロックする手法を解説する。(2013/12/04)

製品資料

多層防御を補完する「未知の脅威」への対策方法

多層防御の脅威対策を実施していたとしても、ゼロデイ攻撃、標的型攻撃など新しい攻撃が日々生み出される現在では、「未知の脅威」への対策こそ重視したい。多重防御を補完し、未知の脅威対策も実現する方法を紹介しよう。(2013/12/04)

技術文書

事例を交えて解説するDoS/DDoS攻撃手法と対策の基礎知識

現時点でDoS攻撃を完全に防御するのは極めて難しいタスクといえる。DoS/DDoS攻撃の実事例を交えながら、その攻撃手法と被害状況、対策方法を解説する。セキュリティ担当者必携のホワイトペーパーだ。(2013/04/10)

レポート

セキュリティリポート2013年版:組織が直面する脅威と今行うべきセキュリティ対策

2012年に世界中で確認された主要なサイバーセキュリティ問題をまとめ、複数の観点から分析。全50ページにわたるこのリポートから、2013年に実施すべきセキュリティ対策が見えてくる。(2013/04/10)

講演資料

現実に使える情報漏洩対策

昨今、情報漏えいインシデントについて海外初のものだけでなく国内初のものも多く聞かれている。対策としては単に技術的側面だけでなく人やプロセス面も含めたものでなければ現実的に使える選択肢になり難い。このセッションでは現実的ソリューションとして当社DLP Software Bladeを主に解説する(2012/02/01)

製品資料

【カタログ】VPN-1 VE

仮想化システムのための包括的なセキュリティ(2010/08/18)

製品資料

Check Point DLP

機能とプロセス両面からDLPを実現(2010/07/03)

11件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後