日本マイクロソフト株式会社

http://www.microsoft.com/japan/



ホワイトペーパー検索
  
     

283件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後


Webキャスト

ITインフラの複雑化を解決、マルチOS/マルチクラウド対応の運用自動化サービス

クラウドやオンプレミスなどITインフラは複雑化の一途をたどっている。システムが複数の環境に分散することも珍しくなく、その対応に運用現場は追われがちだ。そこで、複雑化した環境を一元管理する運用サービスも登場してきた。(2017/09/29)

レポート

経営者にとって「IoT導入」の価値は? 調査で見えた2つの投資回収シナリオ

IoTのビジネス環境への適用が遅れている理由の1つが、投資対効果の見えにくさだ。経営者に対して、十分な根拠をもってIoT導入を勧めるためには、担当者はIoTへの投資効果とビジネスモデルの創出につながる2つの潮流を知っておきたい。(2017/09/28)

レポート

Office 365 vs. Office 2016、選択を迷わないために知るべき違いとは

Microsoftは、「Office 365」と「Office 2016」の2種類のオフィススイートを提供している。果たしてどのような違いがあるのだろう。(2017/09/14)

レポート

IT担当者のための「Office 365」不安解消ガイド

「Microsoft Office 365」への移行には手間も時間も掛かるし、ユーザーはわがままな要望を突き付けてくる。セキュリティも心配……。そんな悩めるIT 担当者の味方となる頼もしいツールに注目。(2017/09/14)

レポート

「G Suite」を引き離す「Office 365」、移行を急ぐ企業が増えているのはなぜ?

企業向けオフィススイートの「G Suite」で、企業ユーザーの支持拡大に力を注ぐGoogle。だが市場ではMicrosoftの「Office 365」が支配的だ。TechTargetの調査によれば、多くの企業がOffice 365への移行を計画しているという。(2017/09/14)

レポート

GDPR対応、まず押さえるべき10の疑問──新時代のプライバシー規制に備えて

国境を越えて課せられる「一般データ保護規則(GDPR)」の施行が2018年に迫っている。対応に迫られる企業は少なくないが、それに向けてまず何を知るべきなのか。最初に押さえておくべき10項目の疑問に回答する。(2017/08/31)

レポート

警戒すべきは“72時間ルール” GDPR対策として必須なデータ追跡と暗号化

個人情報漏えいがあった場合に72時間以内の当局への通知を義務付けるGDPR。しかし、漏えいに気付いた時点ではEU居住者のものか判断できないという課題もある。通知要件の緩和にもつながる「暗号化」など、GDPR対策に有効な施策を解説する。(2017/08/31)

レポート

違反で巨額の罰金も 「一般データ保護規則」(GDPR)準拠に向けた基礎知識

「一般データ保護規則」(GDPR)が2018年5月に適用開始する。EUの個人のデータを扱う企業であれば国を越えて適用されるこの規則の基本情報と準拠に向けて必要な準備について解説する。(2017/08/31)

レポート

“ユナイテッド航空乗客追い出し騒動”に学ぶ、GDPR順守の心得とリスクへの備え方

欧州連合(EU)で適用されるGDPRの順守は、顧客との信頼関係を築くチャンスでもある。“ユナイテッド航空の乗客追い出し騒動”を例に、そのチャンスを逃さないための準備方法やリスクに備える方法を解説する。(2017/08/31)

レポート

“国“は違えど人ごとではない、GDPRに対応に先手を打つ米企業の動向

「一般データ保護規則」(GDPR)の適用開始は米国企業にとっても人ごとではない。欧州連合内の企業と同じくらい深刻に同規則を受けとめる米国企業の動きを紹介する。(2017/08/31)

283件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後