ウイングアーク1st株式会社

http://www.wingarc.com/



ホワイトペーパー検索
  
     

23件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 >> 最後


事例

“収益”を意識したメガネスーパーの店舗運営、実現したのは「KPIマネジメント」

売上重視から収益重視への戦略転換は、今多くの企業が取り組んでいるテーマといえるだろう。厳しい市場環境の中で強い経営基盤を作る上で欠かせないテーマだからだ。この戦略転換を迅速に達成するために必要なのが、効率的なKPIマネジメントである。(2016/03/01)

製品資料

「データへの興味が最大のカギ」1人1人の「分析力」を上げることが、企業全体の競争力アップに

現場では「必要なデータがすぐに見られない」「BIは難しくて使いこなせない」「専門家がいない」という悩みが少なくない。しかし、本来は1人1人がデータを活用できてこそ企業に大きな力をもたらすのである。このギャップをどうすれば埋められるのだろうか。(2016/02/10)

事例

マーケティング担当者の“ひらめき”を助けるBIツール、AWS運用でコストメリットにも効果

BIツールはビジネスデータを分析することで独自の戦略策定を容易にするという役割がある。しかし実際には、データ分析から戦略策定に至るまでの道のりは険しく、多くの企業で課題が山積みのままだ。これらの課題を乗り越え、低コストでBIツールを活用する方法はあるのか。(2015/09/15)

事例

富士ゼロックスマニュファクチュアリングの生産現場が業務効率の最大化に向けて行った工夫

グローバル市場に対応する生産現場では、常に改善活動が展開され、業務プロセスの変更も日々行われている。効率を最大化させるこの動きに、情報システムも“ジャストインタイム”で対応しなくてはならない。そのためにはどのような工夫が必要なのだろうか。(2015/09/15)

製品資料

これなら運用でつまずかない! 「紙の帳票運用の流れを変えない」電子化

膨大な帳票の印刷、仕分け、配送、保管に掛かるコストや作業効率の改善などの問題を解決するのが帳票電子化だが、運用負荷やセキュリティの低下を心配する声がある。既存の運用フローを変えず、安全にメリットを享受できる帳票電子化の方法とは?(2015/04/27)

事例

森ビルが、基幹システムの仮想化に伴い1000種類の帳票を業務を止めずに一括移行できた理由

虎ノ門ヒルズや六本木ヒルズで知られる森ビルは、基幹システムの仮想化に伴い、帳票ツールのバージョンアップを決定。1000種類に及ぶ帳票を、使い勝手はそのままに、業務を止めることなく一括移行した手法とは?(2015/04/13)

事例

ライオンが3年間ノンストップ稼働と10倍の生産性向上を手に入れた帳票基盤とは?

ライオンは、IT基盤および基幹業務システムのリニューアル時に、全社共通の帳票基盤の整備を行った。3年間ノンストップの安定稼働と10倍の生産性向上を実現した帳票基盤とはどのようなシステムなのか。(2014/09/04)

製品資料

「データは資産」をあらためて実感! 社内データ活用の“土台”作りに欠かせない2つの要素

企業では今や、多岐にわたるデータがさまざまなシステムに蓄積されている。しかし、それらを十二分に活用し真の「資産」とするには、環境作りも含めていまだ課題を抱えている例が多い。一見、地味ながらもこれが一番効く!? データ活用の“土台”作りに欠かせない要素とは一体どのようなものだろうか。(2014/09/04)

レポート

基幹システムよりも止められない!? 生産関連業務を24時間稼働で支え続ける統合データベースとは

富士ゼロックスマニュファクチュアリング鈴鹿事務所では、生産現場におけるスピーディーな変革を目指し、生産システムを統合、情報を照会・検索できる環境構築に取り組んだ。現在では生産関連業務を24時間稼働で支えるインフラとなったシステム誕生の舞台裏を探る。(2014/07/25)

事例

800種類の帳票を10分の1に削減したヤンマーグループのグローバル帳票基盤とは?

ヤンマー情報システムサービスは、ヤンマーグループ海外拠点の帳票システムの一元化に着手、コスト・工数削減やセキュリティの強化を実現している。同社のシステム開発から導入効果までを検証していく。(2014/07/10)

23件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 >> 最後