SCSK株式会社

http://www.scsk.jp/



ホワイトペーパー検索
  
     

18件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後


製品資料

システムの弱点を総点検、Webアプリからプラットフォームまで対応の脆弱性診断

セキュリティ課題を解決するための方法として脆弱性診断がある。中でも効果的な選択肢が、判明した問題点の対策方法の提示までを行う、セキュリティツールとエンジニアのマニュアル診断を組み合わせた診断サービスだ。(2017/09/01)

製品資料

70万以上のAPIにも対応、多言語混在環境に最適なソースコード脆弱性診断ツール

アプリケーション開発では、初期段階から脆弱性診断を行うことが重要だが、複数言語が混在する環境では、効果的な診断を行うことが難しい。そこで注目されているのが、20種類の開発言語と70万を超えるAPIに対応した脆弱性診断ツールだ。(2017/09/01)

製品資料

ERPに隠された「3つのコスト」を削減、投資対効果を高めるハイブリッドEPR

企業でERPの活用が進んでいる。しかし、導入と運用コストの高さは相変わらず悩みの種という企業も少なくない。また、高精度の経営判断に必要な分析能力や、モバイルへの対応を望む声も多い。これらの条件を満たすERPはあるのか?(2017/07/31)

製品資料

Webサービスの負荷激増にどう対処する? “常時SSL化”時代のトラフィック制御

Webサイトの常時SSL化が進み始めたことで、トラフィック分散とセキュリティ対策を実現する新たなアプローチが求められている。そこで、いま注目されているのが、SSL処理のオフロードとWebサイトの負荷分散を同時に実現する「仮想ADC」だ。(2017/03/03)

製品資料

仮想化/クラウド環境のコスト削減――運用自動化に向けたネットワーク仮想化

仮想化やクラウドにより、サーバ/リソースをオンデマンドでデプロイできるようになった。しかし、従来型のネットワークは、依然として設定や運用が複雑で、効率化やコスト削減の余地がある。この課題を解消する方法として、仮想ルーターが注目されている。(2017/02/16)

事例

次世代のデータセンター、その革新的なサービスとNFV製品選定のポイントとは?

クラウドサービスのように「使いたいときに、使いたい分だけ」利用できる次世代のデータセンターが登場し、大きな注目を集めている。その新たなデータセンターの特徴とメリットとともに、サービスを支えるネットワーク機能仮想化(NFV)製品の選定ポイントを紹介する。(2017/01/31)

製品資料

オンプレミスで構築する「グローバルファイル共有システム」

国内外の多数の拠点間でファイル共有を行うには、まずパブリッククラウドを利用する手法が頭に浮かぶが、扱うデータの機密性などを理由にこうした方法をとることが難しいケースもある。そこで、オンプレミスでグローバルファイル共有システムを構築する方法を探る。(2016/10/07)

技術文書

Oracle DBからMySQLへ、DB移行プロジェクトの実践ノウハウを専門家が徹底解説

ビッグデータなどの活用が進み、その重要性が再認識されつつあるデータベース管理システム(DBMS)。近年は、商用DBMSからOSS DBMSへの移行も進んでいる。そこで、移行プロジェクトで成功するためのノウハウをスペシャリストが紹介する。(2016/09/20)

技術文書

MySQLとOracle ClusterwareのHA構成、従来環境との違いや構築手順を徹底検証

MySQLを基幹システムで利用する場合、これまでは可用性を確保するために他社のクラスタソフトなどが必要だった。ところが、「Oracle Clusterware Agent for MySQL」の登場により、エンタープライズ版では追加費用なしでHA構成が可能となった。(2016/08/03)

製品資料

AWSのロードバランサーELBとBYOLの仮想ADCを比較、柔軟で堅牢なWebシステムを構築するには?

AWS上で柔軟で堅牢なWebシステムを構築するには、AWSが提供するロードバランサー「Elastic Load Balancing(ELB)」とサードパーティーの「仮想ADC」の使い分けが必要だ。AWSでオンプレミス同様のきめ細かいトラフィック制御を実現し、サーバの処理能力を最大化するADC活用について考えてみたい。(2015/11/16)

18件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後