製品資料

インタラクティブ・インテリジェンス

コミュニケーション機能のクラウド移行――最大の敵「ネットのダウン」にどう備える?

組織におけるコミュニケーションの多様化に柔軟に対応するためにはクラウドが有効だ。しかし、完全にクラウド移行を行うためには「ネットがダウンしたらどうするのか?」といったクリティカルな課題を解決する必要がある。

要約

 組織におけるコミュニケーションは多様化し、音声通話、ファクス、メールに加えて、ボイスメール、ビデオ会議なども使われるようになった。それに伴い増加するツールを統合管理するためにはクラウドが有効だが、コミュニケーション機能をクラウドに依存することのリスクもある。

 最大の問題は、インターネット接続のダウンで全てのコミュニケーションが止まることだ。クラウドの信頼性とは無関係の問題であるとはいえ、予備のツールを導入するのでは本末転倒だ。この他にも、1つのサービスの障害が他のサービスに影響を及ぼすリスクがある。多くのクラウドが採用するアーキテクチャがこのリスクを内包する。

 本ホワイトペーパーでは、このような課題を解消し、コミュニケーションシステムのコストと管理工数を低減するためのテクノロジーを紹介している。インターネット接続がダウンしているときの補助的な電話システムや、マイクロサービス化による障害対策などの具体的な機能について、さらに詳しく見ていこう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/06/06
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間12ページ
ファイルサイズ878 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け