SSD/半導体ストレージ/フラッシュストレージ


ホワイトペーパー検索
  
     

27件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 >> 最後


事例

日本アイ・ビー・エム株式会社

SUBARU「アイサイト」開発に不可欠な走行データを管理するストレージとは

SUBARUの自動車運転支援システム「アイサイト」の開発では、ひたすら走って実験し、走行画像を記録することが繰り返される。この開発にブレークスルーをもたらしたのは、IBMのストレージ・テクノロジーで実現した膨大な画像データの統合管理システムだった。(2017/07/03)

Webキャスト

日本アイ・ビー・エム株式会社

Webキャストで解説、SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュの実力を探る

SSDにはHDDとの互換性を維持するための制限がある。それがRAIDの可用性向上の限界要因となり、フラッシュストレージの能力を十分に発揮できなくなっている。その解決手段としてフラッシュチップを2次元に配置した、フラッシュストレージについて解説する。(2017/07/03)

Webキャスト

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

「予測分析」で実績値99.9999%の可用性、ストレージの新たな未来を開く

フラッシュストレージの新製品が登場してくる中で、新興ベンダーも新たなコンセプトで市場に切り込んでいる。そこで、「予測分析」というユニークな技術で障害を察知し、事前に対処するストレージのメリットを紹介していこう。(2017/04/28)

Webキャスト

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

ストレージ6社のパネル討論でホンネが見えた、オールフラッシュの今

フラッシュファーストの現在、ストレージの用途が広がったことで比較要素も増え、製品選定の悩みも増える一方だ。そこでベンダー6社が一堂に会し、カタログには表れない実際の使い所を語ったパネルディスカッションを紹介する。(2017/04/28)

Webキャスト

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

ユーザー目線で選ぶストレージ――たどり着いた答えは「安定性」

速さが注目されがちなフラッシュストレージだが、安定性に着目することで、実際のユーザー要望に応えることができる。ラックを統合し、大きな成果を上げた事例とともに、ストレージが持つメリットを紹介する。(2017/04/28)

Webキャスト

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

5分で分かるストレージ選び「3つのポイント」、オールフラッシュだけではない

ストレージの選択肢としてオールフラッシュは当たり前となってきた。ところで“ストレージだけ”を比較していいのだろうか。連携するシステム全体も考慮した、統合的なデータ保護環境として検討する方法もある。異なる側面からオールフラッシュを見てみよう。(2017/04/28)

Webキャスト

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

ベンチマークでも実証――オールフラッシュストレージに求める速さと機能

ストレージはオールフラッシュの時代に突入したが、速ければ他の機能がいらない訳ではない。これまで活用してきた機能を備えつつ、速いことが必要だ。圧倒的な性能と豊富な機能の両立、そして運用の簡単さの観点から紹介する。(2017/04/28)

Webキャスト

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

ストレージの「信頼性」、ここまで徹底している「止まらない」ための取り組み

製品比較で「性能」「機能」「価格」はよく検討される要素である。しかし、その前提として「信頼性」がビジネス用途では最も大切な要件となる。信頼性の証として「止まらない」ことにこだわったストレージについて解説する。(2017/04/28)

Webキャスト

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

オールフラッシュストレージ最新動向――SSDの課題は誤解? 性能評価のポイント

ディスクアレイを構築する際、もはやオールフラッシュを考慮しない理由はなくなっている。よく懸念される信頼性は、これを十分に補う技術が開発され、用途は拡がっている。製品選定のポイントをPoC(概念実証)の支援サービスと併せて解説する。(2017/04/28)

Webキャスト

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

ストレージの安定性能を引き出すカギ――SSDに特化したアーキテクチャの実態

オールフラッシュアレイを選定する際、その選定基準は何にすべきか。指針の1つは、SSDを生かすアーキテクチャである。性能と容量をリニアに拡張でき、安定的な性能を引き出せる理由と実例を紹介する。(2017/04/28)

27件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 >> 最後