全て


ホワイトペーパー検索
  
     

15件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後


製品資料

日本電気株式会社

「OpenStack」だけでは実現できない“7割の要件”にどう対応する?

優れた柔軟性と拡張性から注目される「OpenStack」。導入企業が増える一方で、要件の多様さから大規模クラウドへの活用に二の足を踏む企業も少なくない。OSSのメリットを最大限に生かしつつ、これらの課題を解決する方法を紹介する。(2017/05/23)

製品資料

NSFOCUSジャパン株式会社

高度な「未知の攻撃」を防ぐ次世代IPS、脅威解析との連携でさらに強固に

高度な技術を用いた「未知の攻撃」への対策が求められる時代となり、次世代型の不正侵入防止システム(IPS)への移行が進んでいる。従来型IPSのどこに弱点があり、どのように強化する必要があるのか。最新の攻撃を防ぐアプローチを分かりやすく解説する。(2016/12/08)

製品資料

NSFOCUSジャパン株式会社

G20杭州サミットの舞台裏、2分に1回のDDoS攻撃をどう防いだのか?

2016年9月に中国で開催されたG20杭州サミットでは、3日間の会期中には200万件以上のサイバー攻撃が行われた。その防御で重要な役割を果たしたのが、1万3000ものWebアプリケーションを保護したサイバーセキュリティインフラだった。(2016/12/08)

事例

日本電気株式会社

富士薬品に聞く高速DB構築手法、1200店舗の会計処理はどれだけ高速化した?

複合型医薬品企業として成長を続ける富士薬品。M&A戦略を成長の柱に据える同社のビジネスを支えるのは、基幹業務のデータベースだ。高可用性(HA)が求められる医療用データベースのHAクラスタリングで成功した同社の取り組みを見ていこう。(2016/10/12)

製品資料

株式会社DEGICA

中小企業のランサムウェア対策、未知の脅威に対抗できる統合対策ソフトは?

インターネットセキュリティの基本となる統合対策ソフトウェア。ランサムウェアの検知や除去にも有効なため導入は必須といえるが、高度化が進むサイバー攻撃に対抗するためには随時アップデートされる新機能にも注目したい。(2016/08/31)

レポート

株式会社DEGICA

「中小企業が主な標的」、ランサムウェアの動向と対策をデータで速習

ランサムウェア対策は大企業だけの課題と考えがちだが、ある調査報告によると「中小企業が主な標的にされている」という。そこで、ランサムウェア被害について絶対に押さえておきたい重要データをピックアップして紹介する。(2016/08/31)

事例

インターシステムズジャパン株式会社

「他の医療機関にも広まってほしい」久留米大学病院が構築したメッセージウェアハウスの有効性

組織内のシステム間接続は、「ハブシステム」を中心に各部門が1対1で接続されることが多く、追加・変更には膨大な手間とコストがかかる。さらに、それがブラックボックスとなり障害原因特定が困難だ。この解決には、通信メッセージを一元管理する仕組みが必要だ。(2016/02/22)

製品資料

インターシステムズジャパン株式会社

医療向けESB・SOA「医療サービスバス」接続性だけでなく高い相互運用性を確保

これからの医療ITに求められる課題の1つに、医療機関内の各部門や医療機関同士の連携だけでなく、患者や保険会社なども含めた「医療コミュニティー」全体で相互運用できるプラットフォームの構築がある。その鍵を握るのが「医療サービスバス」だ。(2016/02/22)

レポート

株式会社オーシャンブリッジ

永久ライセンスが廃止されるAutoCAD、コスト最適化に向けたライセンス見直しの注目点

CADで代表的ソフトの1つである「AutoCAD」だが、2016年1月31日をもって新規の永久ライセンス販売を終了する。これに伴って、ライセンスコストを見直すユーザーが増えている。利用形態に合わせた「コスト最適化」のポイントは、どこだろうか。(2015/12/03)

製品資料

ダウジャパン株式会社

侵入前と侵入後「アプライアンス+エージェント」で標的型攻撃に備える

日本年金機構の情報漏えい事件は多くの情報セキュリティ担当者に衝撃を与えた。そこでのポイントは、最新のマルウェアなどの攻撃手法への対応と、侵入されることを前提にした対策である。この2つの点を考慮したセキュリティ対策を、低コストで実施する手法を探る。(2015/08/14)

15件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後