東京エレクトロン デバイス株式会社

http://cn.teldevice.co.jp/



ホワイトペーパー検索
  
     

20件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後


製品資料

仮想化環境バックアップを最適化――ノウハウ不要でコスト削減・高速リストア

仮想化環境の利用拡大とともにバックアップの重要性が増している。しかし、自社の規模やニーズに合ったバックアップ環境を構築するためには、ある程度のノウハウも必要だ。そこで注目したいのが「仮想化環境バックアップ構築サービス」だ。(2017/04/20)

技術文書

別冊Computer Weekly フラッシュストレージ市場総まとめ 2016

今や激戦区となったフラッシュストレージ市場。2016年はどのような製品が登場し、さらにどのような進化を遂げるのか。2016年のフラッシュストレージ市場を解説した3つの記事をまとめた。(2016/09/23)

レポート

コントローラー性能で大きな差、検証で分かったDBに最適なオールフラッシュの条件

データベースシステムのボトルネックを解消するために導入が進むオールフラッシュストレージ。製品によってストレージコントローラー性能などに違いがあるが、DBに最適なタイプとはどのようなものだろうか。OLTP検証結果を踏まえつつ、選定ポイントを解説する。(2016/09/06)

製品資料

DB刷新はストレージから――分析回数・範囲に響くI/O遅延の課題を解消

これまでサーバやネットワークの進化のペースに追い付くことができずにいたストレージが、現在、多くのデータベース環境でボトルネックとなっている。いまや避けられない課題となったストレージ刷新で選ぶべき製品とは何か。技術的な背景を踏まえつつ解説する。(2016/09/06)

技術文書

ストレージのオールフラッシュ化、性能を引き出すコツは「接続形態」にあった

既存のストレージを単純にオールフラッシュ化するだけでもボトルネック問題は解決するがそれだけではない。その「接続形態」は的確に構成できているだろうか? ストレージ接続の3つの基本形態に対応したストレージネットワークの構築方法を解説する。(2015/10/08)

製品資料

今どきのシステム要求を満たす、柔軟なデータプラットフォーム構築の鍵となる「分散NoSQLデータベース」

クラウド、IoT、ビッグデータ、ソーシャル、モバイルなどの技術をビジネス成長のテコにしようとするならば、柔軟なデータプラットフォームは必要不可欠なシステムインフラだ。業績を加速させるデータベース環境の構築において、今注目されている技術がある。(2015/07/31)

製品資料

本当に必要なビッグデータ活用のインフラとは?

ビッグデータ活用には人、データ、システムの3つの要素それぞれに取り組みが必要だ。ここでは、SQLが使えるHadoopとスケールアウトNASの組み合わせで実現するビッグデータインフラについて、分かりやすく解説する。既にHadoopを利用している組織や、Hadoopを検討中の組織は必見だ。(2015/04/13)

製品資料

ビッグデータ時代を見据えたファイルサーバ、どう選ぶ?

企業の扱うデータ量は増え続ける傾向にある。ファイルサーバは、従来用途に加え、これから必要になるビジネス上のデータを「ためて、使える」機能が必要になる。これからのファイルサーバのベストな選択とは?(2015/04/13)

製品資料

セキュリティ対策は一元管理で「シンプル」にして運用負荷とコスト削減

ファイアウォールをはじめとしたセキュリティモジュールの活用で、企業内に複数存在しているセキュリティ機器を統合し、コスト削減を実現することができる。(2014/12/09)

製品資料

コアスイッチの買い替え時、統合製品よりADCとの組み合わせを選ぶ理由

コアスイッチを買い替える際の製品選択には、さまざまな機能を持つ統合製品を検討している企業も多いだろう。だが、コアスイッチとアプリケーションデリバリーコントローラーの組み合わせなら、より大きなメリットを手に入れることができるのだ。(2014/10/15)

20件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後