技術文書

スパークスシステムズジャパン株式会社

知っていますか?要求管理を確実に行うための7つの「実践ポイント」

数多くの要求(要件)項目を漏れなく確実に管理するためには、数多くの「外すことのできない」ポイントが存在する。その中でも特に重要なポイントを7つにまとめ、具体的に紹介する。

要約

近年「要求管理(要件管理)」という言葉が頻繁に使われるようになった。しかし、要求管理の考え方が正しくプロジェクトの現場に浸透しているかというと、まだ疑問符を付けざるを得ない。この背景には、要求管理という概念が漠然としているため、具体的に何を実施すれば良いのか分かりにくい、という現実がある。

要求管理は、プロジェクトの成否に多大な影響を及ぼすテーマと深く関連している。特にプロジェクトのスコープ(開発範囲)と要求管理には非常に密接な関係がある。要求管理はプロジェクトにとって“あれば便利な概念”ではなく“必ず必要な仕組み”なのである。

このホワイトペーパーでは、要求管理についての豊富な経験・知識と実績を持つソフトウェアプロセスエンジニアリング株式会社の協力を得て、要求管理ツールの1つである「RaQuest」を使いながら要求管理の7つの実践手法を具体的に解説する。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. コンタクト方法をお選びください(必須)
Q3. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q4. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q5. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2007/07/02
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間21ページ
ファイルサイズ741 KB
著者名ソフトウェアプロセスエンジニアリング株式会社
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け

関連情報リンク

要求管理(要件管理)ツールRaQuest
ホワイトペーパーで利用されている要求管理ツール。多くの要求項目・状態や担当者などの要求属性を効率良く管理可能。さらにUMLの設計要素との関連付けや要求項目の変更による影響範囲の追跡を行うことが可能。

ソフトウェアプロセスエンジニアリング株式会社
要求管理やアーキテクチャ設計の分野を中心に豊富な知識と実績を持つ集団。開発プロセスの提供やプロジェクトの支援を通じて、ソフトウェアエンジニアリング活動の成功に寄与するためのサービスを提供。

UML2.1対応モデリングツールEnterprise Architect
RaQuestと連携する、低価格高機能のUMLモデリングツール。RaQuestで作成した要求項目からユースケース図の生成や影響範囲の追跡などを行うことも可能。