製品資料

株式会社サスライト

セキュリティ新提案 「シンクライアント検討に10倍差が出る新技法」

いまだ情報漏えい事件の絶えない昨今、早急かつ安全な対策は何か。シンクライアントを検討した企業でも納得の、最適ソリューションによるセキュリティ対策とその活用、選ばれる3つの理由について紹介する。

要約

 どの企業でも情報セキュリティ対策で一度は検討したとことがあるシンクライアント。セキュリティレベルは高いものの、既存環境からの大幅な変更の必要であることから、そのコストの高さと費用対効果の点で思いとどまっている企業も多い。

 システム導入までの工期、クライアント端末でのインストールや設定の手間、ユーザへの利用教育などの工数、導入に際してのコスト負荷、そしてシステム管理・運用の負荷。

 本ホワイトペーパーでは、情報セキュリティ対策の整備が急がれる中、既存リソースも有効に活用して、このような課題を見事に軽減し、セキュリティ以外にもさまざまな活用を見込める、“SASTIK(サスティック)”について解説。

 さらに、既存のシンクライアントやリモートデスクトップとの比較検討、活用シーンなどについての提案、さらに導入ユーザの実際の利用法などについても紹介する。

 シンクライアント導入前でも導入後でも一度検討の価値のある必見のソリューションだ。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. コンタクト方法をお選びください(必須)
Q3. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q4. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q5. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2010/11/29
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間15ページ
ファイルサイズ3.59 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け