レポート

G Data Software株式会社

ソーシャルゲームとオンラインゲームの危険度(G Dataホワイトペーパー2010)

オンラインゲームとソーシャルゲームにおけるマルウェア攻撃の危険性について、手法やマルウェア、サイト分析、実際の取引価格などをまとめる。日本版特別編として、ソーシャルゲームの危険性の概要と対処法、主な出来事などについてのレポートを併載。

要約

 オンラインゲームはユーザー数が多く、特定のコミュニティを形成しており、ネットでの売買の習慣があるため、ネット犯罪者の格好の標的となっている。しかもゲームに夢中になるあまり、冷静さを失いネット犯罪者の罠にたやすく引っ掛かるという心理的な側面も狙われる理由となっている。

 手法としては、メール経由、サイトからのフィッシング、フォーラムやチャットルームからの誘導、その他さまざまな窃盗方法が用いられている。もちろんマルウェアも利用されており、WoWのような特定のゲームを狙うものから数多くのゲームをフォローするものまである。裏市場ではゲーム関連のデータ、たとえばIDとパスワードやゲームキー、ポイントなどが取引されている。またリアルマネーとの取引も活発になっている。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. コンタクト方法をお選びください(必須)
Q3. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q4. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q5. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2010/10/16
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間19ページ
ファイルサイズ822 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模中堅・中小企業