技術文書

日本マイクロソフト株式会社

インフラストラクチャの計画と設計〜適切な仮想化テクノロジの選択

本ガイドは、マイクロソフト インフラストラクチャ テクノロジーの計画プロセスと設計プロセスを明確化して整理する、計画と設計ガイドシリーズの一部です。特定のシナリオで使用するマイクロソフトの仮想化テクノロジーを、迅速かつ正確に選択することが目的です。

要約

 「Windows Server 2008 Hyper-V」「Virtual Server 2005 R2 SP1」などマイクロソフトの仮想化機能について紹介します。

 また、仮想化が適切であるかどうかを判断する7つのステップ(特定状況)を用意しました。

ステップ1:仮想化が適切かどうかの判断
ステップ2:アプリケーションの分類
ステップ3:サーバー ハードウェアまたはソフトウェアの仮想化の選択
ステップ4:クライアントの接続の判断
ステップ5:アプリケーションの場所の判断
ステップ6:デスクトップの仮想化またはプレゼンテーションの仮想化の選択
ステップ7:アプリケーションの仮想化またはデスクトップの仮想化の選択

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. コンタクト方法をお選びください(必須)
Q3. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q4. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q5. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2010/05/10
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間21ページ
ファイルサイズ415 KB
著者名マイクロソフト株式会社
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け