製品資料

インテル株式会社

2020年に760億ドルのアナリティクス市場で成功するカギは「最新CPU」の活用

ビッグデータのビジネス活用が拡大するのに伴い、多様化するアナリティクスはデータセンターに高いパフォーマンスと俊敏性、柔軟性を求めている。ここでは、ワークロードに合わせて柔軟にシステムを構成できる「最新CPU」を解説する。

要約

 ビッグデータの活用に対する関心が高まる中、多くの企業がビジネスインテリジェンスとアナリティクスに向けた投資の優先度を上げている。アナリティクス市場は、2020年までに760億ドルという規模に成長するという予測もある。

 成長が期待できる一方で、業績に貢献できる精度の高い成果を出すまでには長い時間を要するという問題も考慮しなければならない。この学習時間を短縮するために、アナリティクスを重視する企業では、データセンターのパフォーマンスと俊敏性を今まで以上に必要としている。

 従来のサーバでは、ワークロードの負荷に合わせて、システムを変更するのは困難だった。しかし、最新のCPUを使用したサーバは、システムの規模や構成を必要に応じて柔軟に変更することができる。投入してから4〜5年過ぎた4台のサーバを1台の新世代サーバに集約すると、その後4年間の運用コストを最大65%削減できる試算結果もある。

 この資料では、高度なアナリティクスへの柔軟な対応を可能にする最新CPUの機能と導入効果について詳しく解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。(必須)
Q2. このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。(必須)
Q3. このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。(必須)
Q4. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/09/21
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ632 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け