製品資料

株式会社ネスコ

学校の情報漏えいを阻止する秘策、「流出しても読めない」ファイルとは?

文部科学省により「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン案」が提示されたことで、教育機関のセキュリティ強化は加速するだろう。有効策の1つは、ファイルが外部に流出しても情報漏えいを防ぐ対策である。

要約

 2016年に佐賀県で発生した学校教育ネットワークへの不正アクセスによる情報漏えい事件を受けて、教育機関における情報セキュリティ強化が大きな関心を集めている。2017年7月には文部科学省より「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン案」が提示され、多くの教育機関でその対応策が検討され始めている。

 また教職員の長時間労働を改善するため、ICTを活用した働き方改革やテレワークへの取り組みも進んでいる。このように教育現場でのICT活用が進む中、セキュリティ対策はますます重要になっている。それでは、教育機関はどのようなセキュリティ対策をすべきだろうか。

 もちろん従来の入り口対策は基本であり、他にもさまざまな対策を組み合わせていくことが重要である。特に、攻撃を完全に防ぎ切ることが難しくなった現在、ファイルが外部へ流出しても情報を抜き取られない仕組みが求められる。本資料では、このような高いセキュリティとユーザビリティを実現できるファイル暗号化システムを紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。(必須)
Q2. このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。(必須)
Q3. このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。(必須)
Q4. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/09/21
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ513 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け