レポート

新日鉄住金ソリューションズ株式会社

徹底比較:仮想デスクトップ関連技術 選び方の基準とは

オンプレミスのVDIとDaaSのどちらを選ぶかは企業にとって重要な決断だ。どちらを選ぶべきかは、その企業の状況によって異なる。本稿では、双方の特性を紹介した上で、5つの重要な観点からこの2つを比較する。

要約

 オンプレミスのVDI(仮想デスクトップインフラ)とDaaS(Desktops as a Service)、そのどちらを選ぶべきかは企業にとって重要な決断だ。企業が置かれた状況によって選ぶべき選択肢が異なる。オンプレミスVDIとDaaSのそれぞれについて適切な利用場面を理解しておくことが、導入の秘訣(ひけつ)となる。 

 例えばオンプレミスVDIでは、デスクトップとアプリケーションを中央で一元的に管理し、セキュリティ対策を一括で施すことができる。一方、クラウドベースのDaaSは、オンプレミスVDIよりも導入が容易で、特に導入時のコストが抑えられる。

 本稿ではオンプレミスVDIとDaaSそれぞれの特性に関する基礎知識をおさらいした上で、管理、制御、セキュリティ、パフォーマンス、コストという5つの重要な観点から、この2つのデスクトップ仮想化技術を徹底的に比較する。どちらが自社に向いているのか、導入検討時のヒントにしてほしい。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。(必須)
Q2. このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。(必須)
Q3. このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。(必須)
Q4. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/09/15
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ509 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け