技術文書

ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社

「NVMe」時代のストレージネットワークを徹底比較

次世代ストレージプロトコルとして注目される「NVMe」。NVMeストレージ製品の重要な特長を説明するとともに、NVMeファブリックを構成するファイバーチャネルやEthernetといった転送媒体、テクノロジーをさまざまな角度から比較・評価する。

要約

 ストレージのオールフラッシュ化の流れの中で新たなストレージインタフェース「NVMe」が登場し、共有ネットワークストレージの環境も新たな技術が模索されている。その中で有力候補とされるのが既存のSANを代表するファイバーチャネルを使った「NVMe over Fibre Channel」とConverged Ethernetなどを使う「NVMe over RDMA」の2つのテクノロジー。

 「NVMe over RDMA」は高い転送レートが期待できる傍ら、専用スイッチやホスト接続アダプターが必要になるなど、新たなスキルも求められる。

 一方、「NVMe over Fibre Channel」は速度だけでなく構成、管理、互換性、運用などの多面的な観点から脚光を浴びている。さらに広く導入されてきたファイバーチャネルを転送手段とする上、スイッチングロジックの変更が不要であるため、既存のスイッチとの下位互換性も維持され、既存環境からの移行も容易だ。

 本コンテンツでは、次世代ストレージシステムに求められる要件や、その有力な選択肢それぞれの長所を解説。ファイバーチャネルやInfiniBand、RoCEにおける高速帯のホスト接続性やスイッチISLリンク、既存SANとの互換性などの要件を比較し、それぞれの優位性も明らかにしている。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/08/28
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間14ページ
ファイルサイズ447 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け