製品資料

ソフトバンク株式会社

接続先を選ばない「次世代ビデオ会議システム」を安価に活用する方法

ビデオ会議は今や企業に欠かせないツールとなった。PCやスマートフォン、タブレットなどのデバイスを通じて、会議室に限らない多様な場所を結ぶツールへと進化したからだ。さらに、クラウド型サービスを利用すれば、コスト面も解消される。

要約

 今、ビデオ会議への期待が高まっている。テレビ会議専用端末を設置した会議室で行うという考えは過去のものとなりつつある。PCやスマートフォン、タブレット、電話など幅広いデバイスを通じて、オフィス内や外出先、自宅、取引先などと“会議室”の枠を超えたビデオ会議が可能になったからだ。

 中でも利用が拡大しているのがクラウド型のビデオ会議サービスだ。ビデオ会議システムに自由に接続するための多地点接続装置(MCU)を自社で導入・運用する必要がなく、TCOを大幅に削減できる。特に通信事業者が提供しているサービスなら、冗長構成はもちろん、回線が安定しており、音声品質に悩むこともほとんどない。

 モビリティや働き方改革が企業の重要なキーワードとなる現状を見れば、場所を限定せず、自由に利用できるビデオ会議システムの必要性は明らかだ。会議に限らず、作業中の現場と接続して、現地の状況をモバイルのカメラで確認して本社のスタッフが指示を出すといった利用も増えつつある。ビデオ会議の多様な利用シーンを確かめてほしい。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。(必須)
Q2. このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。(必須)
Q3. このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。(必須)
Q4. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/08/24
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間1ページ
ファイルサイズ938 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け