技術文書

リバーベッドテクノロジー株式会社

クラウド環境で達成可能なアプリケーション性能は? 応答の遅延を防ぐ基本戦略

アクセスの自由度や拡張性の高さ、コスト削減といった多くのメリットがあるクラウドだが、アプリケーションの応答時間が遅いことが大きな課題となっている。そこで、アプリケーションパフォーマンスを低下させないクラウド戦略を探る。

要約

 クラウドを利用することで、アクセスの自由度が高く、セキュアで柔軟な拡張に対応したインフラを実現できる。しかし、アプリケーションのパフォーマンスに関しては、オンプレミス環境と比較して応答時間が遅いことなどが課題となる。

 そのため、クラウドの利便性を生かしつつ、アプリケーションのパフォーマンスを可能な限り高いレベルで確保するための方法が模索されている。そこで重要なポイントとなるのが、パフォーマンスに対する可視性と制御権をできる限り保持するようにクラウドソリューションプロバイダーと連携することだ。

 可視性を得ることをによって、どこに問題があるかを特定しやすくなり、制御権を得ることで、パフォーマンス向上のための具体的な施策を行うことができる。本コンテンツで、これらのアプローチに基づいた、アプリケーションパフォーマンスを低下させないクラウド戦略について詳細に解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。(必須)
Q2. このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。(必須)
Q3. このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。(必須)
Q4. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/08/23
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間11ページ
ファイルサイズ402 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け