製品資料

ディーアールエス株式会社

意外と使いこなせない「インベントリツール」、IT資産管理で有効活用するには?

IT資産管理に欠かせないインベントリツール。機能が豊富である反面、操作方法が複雑でよく分からないという企業も多い。せっかく導入したインベントリツールを有効活用するにはどうしたらいいのか。その効果的な活用方法を紹介する。

要約

 Web閲覧履歴の確認や外部デバイスの制御、インベントリ情報の収集など、IT資産を効率的に管理するためには欠かせないインベントリツール。その充実した機能から、コンプライアンス対策や情報セキュリティ対策の一環として多くの企業が導入している。

 しかし、機能が豊富であることから操作方法が分からず、有効に活用できていないという企業も多い。そこで注目されているのが、インベントリツール運用サービスだ。各種機能の設定や導入後のメンテナンス、収集データの分析などの充実したフォローで、ツールに搭載された機能を最大限に生かすことができる。

 それでは、このサービスを利用することで具体的にどんなメリットが得られるのか。本コンテンツは、サービスの内容や効果、利用料金などが短時間で理解できるシンプルな資料だ。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。(必須)
Q2. このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。(必須)
Q3. このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。(必須)
Q4. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/08/22
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ1.08 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模大企業