製品資料

テックインフォメーションシステムズ株式会社

業務で役立つ「Outlook」の機能拡張、よくあるメール送信トラブルを防止

ヒューマンエラーによるメールの誤送信は、システム対策なしに防ぐことは困難だ。では、確実に防ぐためのシステムとは、どのようなものだろうか。本資料では、ミスを送信前に察知してくれる、Outlook向けの誤送信防止ツールを紹介する。

要約

 情報漏えいなどの重大なインシデントを招きかねないメールの誤送信は、ヒューマンエラーが主原因となるだけに研修などではゼロにできない。対策のポイントは、企業がセキュリティポリシーやルールを設定し、誤送信となる要因をシステムでカバーすることだ。

 「宛先」「添付ファイル」などをチェックし、ルールに違反するミスや、注意が必要な箇所の確認を促す機能があれば、誤送信のリスクを低減できる。例えば、添付ファイルであれば、サイズやパスワードの有無をチェックすることで、相手が受信できないファイルサイズのメールや未保護の重要ファイルを送信するといった事態は防止できる。

 また、メールは社内コミュニケーションツールとしても利用されているため、多様な業務にも悪影響をもたらしかねない。本コンテンツでは、代表的なメールソフト「Outlook」に対応した誤送信防止ツールを紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。(必須)
Q2. このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。(必須)
Q3. このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。(必須)
Q4. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/08/10
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ739 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け