製品資料

株式会社ノーチラス・テクノロジーズ

出荷のロスと機会損失を低減、誰でも60〜90%の精度で受注予測できる方法とは?

卸売業やメーカーにとって、生産過多によるロスや、品不足による機会損失は避けたい事態。しかし、受注予測は現場のベテランに依存しているケースが多く、予測精度の向上とシステム化が課題となっている。そこで注目され始めた解決策とは?

要約

 卸売業やメーカーの受注予測は、精度が悪いとロスや機会損失が発生し、業績悪化の原因となる。しかし、受注予測は現場のベテラン担当者の経験や勘に依存しているケースも多く、担当者のスキルによって精度にばらつきが出てしまったり、退職や異動により業務に支障が出てしまうことも少なくない。

 新しい担当者を育成するにも時間やコストがかかるため、やはり人に依存するのではなく、システム化することで経験の少ない担当者でも一定の精度で受注予測データを得られるのが理想といえる。

 そうした企業の課題に対し、機械学習を用いたシステムにより過去の受注データやコーザル情報(予測に影響を与える外的要因についての情報)を分析し、約60〜90%での予測精度を実現できるシステムがあるという。現場の無駄を削減し、適切な生産計画を立てたいと考える担当者はぜひ一読してもらいたい。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。(必須)
Q2. このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。(必須)
Q3. このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。(必須)
Q4. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/08/08
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ735 KB
対象業種製造
対象企業規模中堅・中小企業