製品資料

アドビ システムズ 株式会社

煩雑な契約業務を効率化、法務ですぐ役立つPDF活用テクニック

法務部門で煩雑になりがちな契約書類の取り扱い。その改善にはデジタル化が不可欠だ。契約書の原本のやりとりや、書類の保管や共有するための墨消しなどを効率化するテクニックを紹介する。

要約

 契約や手続きといった文書を多数取り扱う法務部門では、紙の書類がボトルネックとなりがちだ。そのため、近年は文書のデジタル化はもちろん、電子サインの導入などによる業務効率化が進み始めている。そこで、代表的な文書ツールである「Acrobat DC」を活用した法務部門の効率化の手法を紹介する。

 例えば、契約書には参考資料を添付することが多いが、その管理が煩雑になりがちだ。そこで「Acrobatポートフォリオ」機能を使えば、1つのファイルとして参考資料をまとめられる。管理を効率化できるだけでなく、リストの表示順序や追加・削除など柔軟に編集できる点でもメリットがある。

 また、相手先にPDFへの電子サインを依頼する「署名用に送信」機能を利用すれば、原本を郵送する時間と手間を省略できる。文書の閲覧確認や、改ざんを防ぐ変更ログの自動記録などの機能も、契約を効率的かつ確実に進める上で役立つだろう。本資料では、このように法務業務に役立つPDF活用のテクニックを紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 現在自社で利用している文書管理アプリケーションについて教えてください。(必須)

Q5. 文書(設計書・指示書・稟議書・契約書など各書類)の取り扱いにおける課題があればお聞かせください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「アドビ システムズ 株式会社」に収集される
  • 「アドビ システムズ 株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「アドビ システムズ 株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/08/07
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ374 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け