製品資料

株式会社ノーチラス・テクノロジーズ

機械学習を活用した精度90%の販売予測が「誰でも当たり前」にできる方法

過去のPOSデータの分析に機械学習を利用すると、精度の高い販売予測が可能になる。機械学習を利用した販売予測は60〜90%という高い精度を実現し、機会損失も防げる。その具体的なメリットを紹介する。

要約

 機械学習をビジネスに活用する用途の1つに販売予測がある。商品の発注量の予測を間違えると、商品が足りなくなって販売機会を失ってしまったり、逆に商品が多すぎて廃棄によるコスト増大を招いたりすることになる。予測精度を上げることができれば、こうしたロスを最小限に留め、コストの抑制につながる。

 機械学習を利用した販売予測は、過去のPOSデータと天気や気温、不快指数などのコーザル情報を基にしている。その予測精度は60〜90%という高いレベルを実現する。これをビジネスに活用すれば、機会損失を防ぎ、ロスを削減できるだけでなく、限られた経験者に頼ることなく誰もが一定の精度で発注業務が可能になる。

 販売予測データは、発注業務に活用できるだけでなく、マーケティングなどにも活用できる。また、高い演算能力を持つシステムをオンプレミスとして所有するのではなくクラウドサービスに展開することでコスト削減も可能だ。この資料では、機械学習を活用した販売予測のメリットを分かりやすく解説している。その詳細を見ていこう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。(必須)
Q2. このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。(必須)
Q3. このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。(必須)
Q4. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/08/02
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ723 KB
対象業種流通
対象企業規模中堅・中小企業