製品資料

日本電気株式会社

自社に最適なAI活用パターンは? 事例に学ぶAIの業務活用

さまざまな企業でAIの取り組みが始まっているが、実際に成果を出している企業は多くない。AIを活用することにより、業務の効率化、コスト削減、顧客満足度の向上、などの成果を挙げている事例を紹介し、その成功のポイントを探る。

要約

 AIを業務で活用する取り組みは、行政から交通機関、製造業から流通、医療、教育機関まで及んでいる。それぞれの業種では既にAIを導入した効果も報告されており、銀行の研究機関では分析工数を60%削減した他、製造ラインでは画像データ解析による検品工程の省人化、生産機器の高精度な故障予兆などで成果を挙げている。

 ただし、全ての事例で高い成果が期待できるわけではない。収集したデータから高い精度の分析結果を得るにはノウハウの蓄積が必要だ。そのため、AI活用を検討するユーザー企業は豊富なノウハウを持つベンダーに機械学習の適用可能性を検証してもらうのが望ましい。

 本コンテンツでは、AIを活用して成功を出している事例からAIのビジネス活用における、効率的なアプローチ、成功へのポイントを探る。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、 「日本電気株式会社」「NECソリューションイノベータ株式会社」「NECネクサソリューションズ株式会社」「NECプラットフォームズ株式会社」 に収集される
  • 「日本電気株式会社」「NECソリューションイノベータ株式会社」「NECネクサソリューションズ株式会社」「NECプラットフォームズ株式会社」 からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は 「日本電気株式会社」 「NECソリューションイノベータ株式会社」 「NECネクサソリューションズ株式会社」 「NECプラットフォームズ株式会社」 のプライバシーポリシー下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/07/28
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間21ページ
ファイルサイズ3.57 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け