その他

ディーアールエス株式会社

運用する時間がない……インベントリツール活用の不安を解消できる意外な選択肢

インベントリツールは企業に広く普及している。ただサイバー攻撃などの脅威やコンプライアンスリスクの解消には、ツールの導入だけでは意味がない。もしIT資産管理の運用体制に自信がないならば、知っておくべき選択肢がある。

要約

 インベントリツールに代表されるIT資産管理ソリューションは、以前は単なる「クライアント端末管理」を目的として利用されていた。しかし、サイバー攻撃などが猛威を振るう近年では、不正なソフトが利用されていないか、セキュリティパッチが当たっているかといった、セキュリティリスク管理としての重要性を帯びるようになった。

 IT資産の管理はツールを単に導入しただけで解決するものでなく、人の目による監視や分析、細かな設定といった相応の作業が必要になる。IT資産管理ツールを導入している企業は多いが、IT資産管理を「行っている」は必ずしも「十分にできている」にはならないのである。

 本コンテンツでは、IT資産管理における目的と課題を再認識したうえで、管理ツールを「宝の持ち腐れ」にしないための方法を紹介。リソース不足でIT資産管理に十分な手間をかけられない管理者は、現状を脱却するための参考としてもらいたい。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。(必須)
Q2. このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。(必須)
Q3. このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。(必須)
Q4. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/08/01
フォーマットPDF
種類その他
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ686 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模大企業