製品資料

日本サード・パーティ株式会社

優秀な外国人エンジニアはどうすれば確保できる? スキル評価で失敗しない秘訣

IT技術者が不足する中、高いスキルを持つ外国人エンジニアの採用や、オフショア開発をするケースが増えている。その際、文化背景や言語によるギャップを埋め、スキルレベルを効率的に把握するにはどうしたらよいだろうか。

要約

 国内でIT技術者の不足が深刻な問題となっていることから、近年は、若くて高いスキルを持つ人材を海外から確保しようと考える企業が増えてきている。しかし、外国人採用やオフショア開発などにおいて、エンジニアのスキルレベルを把握できずに苦労するケースも少なからず見られる。

 これまでのような自己申告に基づくアプローチは、国内エンジニアの場合でもスキルレベルの把握が困難だった。それが文化背景や言語などの違いにより、さらに難しい課題となっているのが現状だ。そんな中、スキルを客観的に可視化することで、グローバル環境でも効率的な人材確保を目指す動きが広がりつつある。

 それが、IT技術者のスキルレベルや知識の範囲をテストによって数値化できるITスキルアセスメントツールだ。多言語に対応したツールを使うことで、国内エンジニアだけでなく外国人エンジニアも適正に評価できるため、多様な人材を活用するITプロジェクトにおけるコスト削減や幅広いリソースの確保ができる。本コンテンツでは、このツールの特徴や導入効果を詳しく紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/07/26
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ1.31 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け