製品資料

日商エレクトロニクス株式会社

Windows 10移行に必須のユーザープロファイル管理を「UEM」導入で効率化する

企業PCのWindows 10移行ではユーザープロファイルの移行作業も発生する。人力では膨大な工数となるこの作業を効率化するには自動化や集中管理ができるUEMの活用が必要だ。

要約

 Windows 10の登場から2年がたとうとしているが、企業のクライアントPCでは依然としてWindows 7の利用が多い。しかし、MicrosoftはWindows 7の延長サポートを2020年1月14日で終了する予定だ。サポート終了によってセキュリティリスクが高まるだけでなく、最新ハードウェアでWindows 7が動作しない可能性もある。企業IT部門としてはWindows 10への移行を検討せざるを得ない状況にある。

 クライアントPCの移行で問題になるのがユーザープロファイルの管理だ。台数が多いだけに人力での作業は時間と労力が膨大になる。そこで、求められるのが効率的にユーザープロファイルを管理できるUEM(User Environment Management)だ。

 この資料では、環境に応じた移行パターンの設定と移行対象ユーザーを細かく指定して作業を自動化できるUEMを取り上げ、その導入メリットを紹介。さらに運用においても複雑なポリシーを動的に適用し、OS混在環境でもエンドユーザーポリシーを1つの画面でまとめて管理できる点についても解説している。Windows 7からWindows 10への環境移行に取り組むIT担当者にとって有益な情報となるはずだ。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/07/28
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間10ページ
ファイルサイズ597 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け