レポート

CyberArk Software株式会社

「内なる脅威」を引き起こしているのは誰か? 実態調査で見えた防衛のポイント

ニュースなどで聞かれる情報漏えい事件は、ほとんどが企業の信用問題に発展してしまう。情報漏えいの発端は、従業員などのインサイダーであることが多い。だが、全てのインサイダーが悪意を持って情報漏えいを引き起こしてしまうわけではない。

要約

 近年耳にするようになった「インサイダー脅威」は、従業員などによって行われる情報漏えいの懸念に対して使われる言葉だ。2013年にエドワード・スノーデンによって行われた米国国家安全保障局(NSA)の内部情報告発は世間を騒がせ、米国の国際的な信用問題にまで発展した。企業にとっても信用を著しく損なうインサイダー脅威は、対策を立てなくてはならない重要案件といえる。

 しかし、その実態については意外と知られていないのが事実だ。インサイダー脅威となるのは、内部、もしくは取引先などの悪意のある関係者だけとは限らない。外部の悪意あるクラッカーに利用されたインサイダーや、意図的ではないにしても職務を執行しているうちに外部に情報を流出させてしまうインサイダーもいるのだ。

 顧客情報などの情報漏えい事件は企業にとってのアキレスけんとなり得る。インサイダー脅威から企業を守るには、特権アカウントセキュリティを中心に徹底的なアカウントの管理と監視が不可欠だが、それ以上に何が脅威なのかを知る必要がある。このコンテンツでは、インサイダー脅威とは何なのかにスポットを当て、情報漏えいの危険をどのように防ぐのかについて紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「CyberArk Software株式会社」に収集される
  • 「CyberArk Software株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「CyberArk Software株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/07/25
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間14ページ
ファイルサイズ3.16 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模大企業