製品資料

エンカレッジ・テクノロジ株式会社

管理者権限の誤用や悪用をどう防ぐ? リスク要因に合わせた特権ID管理の秘訣

情報漏えいや不正侵入などのインシデントでは、システム管理者権限(特権ID)の誤用や乱用、不正な利用が原因であるケースも多い。そのため、近年のセキュリティ対策では、特権ID・証跡管理がますます重要なものとなっている。

要約

 近年、多発している情報漏えいや不正侵入などのインシデントでは、システムの管理者権限(特権ID)の誤用や乱用、不正な利用が原因であるケースが少なからず見られる。そのため、このようなセキュリティリスクへの有効な対策として、特権ID・証跡管理製品が注目され始めた。

 しかし、特権IDが影響する範囲は広いため、その導入には慎重な検討を要する。特に重視したいのが、特権IDとパスワードを集中管理し、誤用や乱用を防ぐ「アクセス管理」、悪意をもった操作や操作ミスを防ぐ「操作監視と証跡記録」、そして、データの持ち出しや持ち込みを防ぐ「ファイル入出力制御」の機能だ。

 これらの機能を適切に導入するためには、運用環境上起こり得るリスク要因を洗い出し、重要要件を決定していくことがポイントとなる。本コンテンツでは、自社の運用形態に適した特権ID・証跡管理製品を選択するためのチェックポイントを紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「エンカレッジ・テクノロジ株式会社」に収集される
  • 「エンカレッジ・テクノロジ株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「エンカレッジ・テクノロジ株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/07/25
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間10ページ
ファイルサイズ816 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け