製品資料

リックソフト株式会社

「メタデータ」の使い分けで文書管理を効率化――知っておきたい2つの種類

法改正やISO認証対応などを受けて文書データはますます多様化し、管理負担が増大している。そこで活用したいのが文書のメタデータだ。本資料では、文書管理の基礎であるメタデータの解説と、文書管理ツールの便利な機能を解説する。

要約

 企業が取り扱う文書データは、法改正やISO認証対応、デバイスの多様化などを受けて種類も量も増加し続けている。それに伴って文書情報の作成や管理の負担が高まっているにもかかわらず、ファイルサーバやオンラインストレージに保存するだけという旧来的な手法を変えていない企業がまだまだ多い。

 文書管理の負担を考えれば、柔軟かつ効率的な文書管理体制を早期に構築しておきたい。その基礎として取り組みたいのが、文書管理ツールを使ったメタデータ(属性)の整理だ。プロパティやプロパティタイプなどを設定・管理できれば、非定型データの検索や周辺システムとの連携が容易になる。

 さらに文書管理の効率化に役立つのが、コンテンツに追加の情報を与えたり、一時的な状態に基づくフラグ管理をしたりできる「アスペクト」機能だ。アスペクトを設定することで、文書管理はどのように効率化されるのか。同機能を、文書管理の基礎であるメタデータとともに解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/07/21
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ1.00 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け