レポート

日商エレクトロニクス株式会社

DDoS攻撃対策への投資――知らない間に発生している損失とは?

増え続けるDDoS攻撃。企業では、DDoS対策の「必要性」と「投資に対する効果」を経営者は求めるが、現場は求める解を出せないまま、見えないところで損失が拡大し続けている。このジレンマを解消するためのヒントをご紹介する。

要約

 企業におけるDDoS対策の遅れを懸念する声が増えている。サーバやネットワークインフラへの投資と違い、その必要性と費用対効果の把握が難しいDDoS対策に投資をする経営者が少ないためだ。しかし、攻撃による被害は深刻の度を増している。

 2016年にはネットワークカメラなどのIoTデバイスを利用してボットネットを構築するプログラム「Mirai」が579Gbpsという大規模DDoS攻撃を引き起こしている。さらに、特定の相手を攻撃する標的型攻撃とDDoS攻撃を同時に仕掛ける事例も増加傾向にあるなど、その対処は難しくなりつつある。

 投資対効果に意識がいきがちな経営者のセキュリティ投資に対する考え方を抜本的に変えるには、「守るべき場所をつきつめること」の次に、守るべき場所が攻撃された場合の損害を定量化し、被害を最小限にするための投資を訴求する必要がある。既にキャリアやISPの83%がDDoS対策のために専用装置を導入し、データセンターでも急速に普及が進んでいる。この資料では、DDoS攻撃の実態や対策状況などについて、「Arbor Networks社発行のセキュリティレポート」を基に解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/07/21
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間15ページ
ファイルサイズ696 KB
対象業種情報通信、金融・保険、官公庁
対象企業規模大企業