技術文書

シーティーエス株式会社

中小企業のセキュリティ対策、大企業への攻撃の“踏み台”にされないためには?

この数年で5割強もの大手企業が、サイバー攻撃を受けたことがあるという。このリスクは、BYODの増加とともに中小企業にも押し寄せている。ここでは、中小企業の経営者に向けて、昨今のセキュリティ事情やIT管理の重要性を紹介する。

要約

 近年は、中小企業でもBYOD(私物端末の業務利用)を積極的に導入するなど、ITを活用した業務の効率化や利便性の向上が進められている。しかし、それと同時にセキュリティリスクも増加。大手企業へのサイバー攻撃の踏み台として、中小企業が狙われるケースが増え始めている。

 そのため、中小企業も日頃から情報管理やPC、ネットワークのメンテナンス、特にセキュリティ対策を徹底しておかなければならない。具体的には、セキュリティ対策の基本とされる「準備」「検知・分析」「根絶・復旧・封じ込め」「事件発生後の対応」の4段階のフェーズをきちんと対策しておくことがセキュリティの向上につながる。

 本コンテンツでは、中小企業の経営者に向けたITセキュリティ管理の基本や運用法を詳細に解説している。中でも気になるコストの問題については、情報セキュリティ担当者を雇う場合とアウトソーシングする場合のコストシミュレーションが参考となる。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/07/19
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間16ページ
ファイルサイズ3.42 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模中堅・中小企業