レポート

Veeam Software Japan 株式会社

調査で見えたアベイラビリティの重要課題――企業はどのように変わるべきか?

システムの予期せぬダウンタイムは、企業に以前より深刻な損害を与えるようになっている。その一方で、可用性に対するユーザーの要求も年々高まっている。このような時代に、IT部門は可用性をどのように意識し、どう対応するべきか。

要約

 システムに予期せぬダウンタイムが発生することは、企業にとって復旧のコストやビジネス機会の損失、信用の失墜といった損害が生じることを意味する。近年では、ユーザーがシステムに対して24時間365日アクセスできることを期待するようになっているため、その影響はさらに大きくなる傾向にある。

 それでは、デジタル時代における可用性やデータ保護について、IT部門はどのように考えるべきなのだろうか。本コンテンツはIT意思決定権者を対象とした調査結果に基づき、「Always-On Enterprise」(止まらないビジネス)のための可用性を考察したレポートである。

 この調査では、可用性およびデータ保護についての意識がエンドユーザー部門とIT部門で乖離(かいり)していることや、ダウンタイムによってもたらされる悪影響など、さまざまな問題を明らかにしている。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「Veeam Software Japan 株式会社」に収集される
  • 「Veeam Software Japan 株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「Veeam Software Japan 株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/07/18
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間37ページ
ファイルサイズ3.81 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け