Webキャスト

日本アイ・ビー・エム株式会社

WannaCryはIPSで十分に防げた? 2014年時点で危険度は“85%”と判定

WannaCryをはじめとするランサムウェアや標的型攻撃など脆弱(ぜいじゃく)性を狙うセキュリティリスクが急速に高まっている。その事前対策としてIPS(侵入防止システム)製品がどれだけの効果を発揮するのかを解説する。

要約

 全世界規模で被害を及ぼした「WannaCry」をきっかけに、セキュリティ対策を見直し始めた企業は少なくない。企業ITシステムに対する攻撃は、その感染経路の違いからプログラムを使った手法とシステムの脆弱(ぜいじゃく)性を狙う手法に大別できるが、WannaCryをはじめとするランサムウェアや標的型攻撃は後者に属する。

 これに対して、事前準備を主とするIPS(侵入防止システム)製品では、脆弱性に対応したシグネチャパターンの早期適用でセキュリティを確保する。製品によっては、ベンダーが公表する数年前から主なOSやアプリケーションの脆弱性を把握して対策を施していることもある。

 このWebセミナーでは、企業のITシステムにおけるセキュリティ対策について紹介する。さらに、大規模な被害が発生する前からWannaCryの高い危険性をレポートしていたIPS製品についても、競合他社製品と比較した優位性や第三者機関調査による検知率などを詳しく解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/07/13
フォーマットURL
種類Webキャスト
ページ数/視聴時間54分15秒
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け