Webキャスト

日本アイ・ビー・エム株式会社

Watsonでモバイル管理はどう変わる? IBMが実践するワークプレース改革事例

モバイルワークやBYOD(私物端末の業務利用)が拡大するにつれて、IT管理者にはデバイスだけでなくユーザーやID、アプリケーションなどの管理も求められるようになった。そこで注目されるUEM(統合エンドポイント管理)の効果を事例とデモで解説する。

要約

 日本IBMは、2008年のBlackBerry導入からモバイルワーク環境の構築を開始し、現在では6000台以上のiOSデバイスを従業員に貸与している。これに加えて、従業員の私物端末を業務で活用するBYODも導入しているため、社内で管理すべきデバイスの数は1万を超えるという。

 これらのデバイスを安心・安全に利用できるようにするため、同社は、セキュリティポリシーを含めた運用ルールとして「ビジネスコンダクトガイドライン」を策定。さらに、MDM(モバイル端末管理)だけでなく、アプリ/コンテンツ管理にも対応したUEM(統合エンドポイント管理)ツールとして「MaaS360」を導入した。

 このWebキャストでは、同社のモバイルワーク導入事例とともに、MaaS360を活用してiPhoneを個人用エリアと業務用エリアに分離する運用を行っている川崎汽船の事例などを紹介する。この他にも、VPNを必要とせずに社内ネットワークへ安全に接続できる仕組みや、Watsonエンジンと連携して、企業に合わせて調整されたインテリジェンスを提供する「MaaS360 with Watson」の詳細も解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/07/12
フォーマットURL
種類Webキャスト
ページ数/視聴時間41分53秒
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け